【watchOS 10】覚えておくべき5つの大きな操作変更点、watchOS 9との違い

WWDC 2023で発表されたwatchOS 10はデザインや操作など大幅な変更が加わっており、watchOSの歴史的にも相当大きなアップデートと言えるものとなっています。

その中でもデジタルクラウンやサイドボタンなどを使った操作はかなり最適化されており、これまで活用されているとは言い難かったこれらの機能をフル活用したアップデートになっていると思います。

今回はwatchOS 10で大幅に変更された5つの操作とwatchOS 9以前との操作の違いについて解説します。

watchOS 10で大幅に変更された5つの操作

watchOS 10で大きく変更された操作は主に以下の5つです。

スマートスタック

watchOS 10で新たに追加された機能「スマートスタック」は文字盤からデジタルクラウンを上にスクロールするだけで表示されます。

この機能はSiriの文字盤のようにタイムリーに便利な機能を表示するものですが、siriの文字盤とは違い、どの文字盤からもアクセスできるため使い勝手がより良くなっています。

【watchOS 10】新機能「スマートスタック」とは?アクセス方法について
watchOS 10では、新機能「スマートスタック」が時計画面からいつでもアクセスできるようになりました。 今回はその詳細と操作方法について解説します。

 

ホーム画面

watchOS 10では新たにホーム画面がデジタルクラウンを活用した縦スクロールとなりました。

この変更で、指で画面をさえぎることなく、スクロールしながらアプリを探すことができ、以前のグリッド表示よりも操作しやすくなっています。

【watchOS 10】ホーム画面が縦スクロールに変更へ
WWDC 2023にて新たに発表されたwatchOS 10は、ホーム画面の表示方法が縦スクロールに変更されました。

 

コントロールセンター

コントロールセンターはサイドボタンを一度押すだけでいつでもどのアプリからでも表示できるようになりました。

従来は文字盤から下から上へスワイプしないと表示されない仕様でしたが、今回の変更でアプリ問わず、Wi-Fiのオンオフや機内モード切り替え、バッテリー容量の確認など行えるようになりました。

【watchOS 10】コントロールセンターはサイドボタンでいつでもアクセス可能に
WWDC 2023にて発表されたwatchOS 10は、新たにコントロールセンターの表示方法が変更されました。

 

Dock画面(最近使ったアプリ一覧)

画像はスマートスタックのもの

Dock(最近使ったアプリ一覧)はデジタルクラウンを2回押しに変更されました。

従来はサイドボタンを一度押しで開きましたが、その操作はコントロールセンター表示になったため、こちらの操作に変更されたものと思われます。ホームボタンありのiPhoneでマルチタスク画面を表示するときも同じようにホームボタン2回押しなので、この操作に慣れていた方は馴染みのある操作と言えるでしょう。

【watchOS 10】Dock(最近使ったアプリ一覧)の表示方法はサイドボタンからデジタルクラウンに変更へ
WWDC 2023にて発表されたwatchOS 10では、Dock(最近使ったアプリ一覧)の表示方法がサイドボタンからデジタルクラウンに変更されていることが判明しました。

 

文字盤の切り替え

文字盤の切り替え方法は新たに文字盤を長押し→スワイプへの操作に変更されました。

従来はスワイプするだけで変更できましたが、おそらく誤作動による文字盤切り替えを防ぐ意図があるものと思われます。

【watchOS 10】文字盤がスワイプで簡単に切り替えることができない仕様に
WWDC 2023で新たに発表されたwatchOS 10は、文字盤がスワイプで簡単に切り替えることができない仕様になっていることが判明しました。 今回はその詳細と新たな操作方法について解説します。

 

WatchOS 9以前の主な操作一覧

デジタルクラウン

  • 1回押し→ホーム画面
  • 2回押し→一番最近使ったアプリ表示
  • 文字盤で上に回す→文字盤ごとに異なる動作

サイドボタン

  • 1回押し→Dock(最近使ったアプリ一覧)
  • 2回押し→ウォレット

ホーム画面

  • グリッド表示

文字盤切り替え

  • 画面端からスワイプ

 

WatchOS 10の主な操作一覧

デジタルクラウン

  • 1回押し→ホーム画面
  • 2回押し→Dock(最近使ったアプリ一覧)←New
  • 文字盤で上に回す→スマートスタック ←New

サイドボタン

  • 1回押し→コントロールセンター ←New
  • 2回押し→ウォレット

ホーム画面

  • 縦スクロール表示 ←New

文字盤切り替え

  • 長押ししてスワイプ ←New

 

WatchOS 10ではこのほかにもアプリの基本レイアウトが画面サイズを問わず、人間工学的に使いやすいデザインに最適化されるなど、大幅な変更が行われています。

【watchOS 10】アプリの基本デザインが3つに最適化、Ultraなどの大画面にも対応へ
WWDC 2023で発表されたWatchOS 10は、アプリの基本デザインに新たな3つのレイアウトを採用し、Ultraなどの大画面にも最適化されていることが判明しました。

 

画像引用元:WWDC 2023

コメント

タイトルとURLをコピーしました