2018年はRetina搭載13インチMacBookが2つ存在?異なるディスプレイ技術採用

MacBook Pro 2017-1

Forbesによりますと、IHS MarkitのアナリストRhoda Alexander氏からの話としてAppleは2種類の13.3インチRetinaディスプレイの製造を計画していることが判明しました。

Sponsored Links

どちらもRetina採用で技術のみに違い

情報によりますと、製造が予定されている2種類のディスプレイはどちらも2560×1600ピクセルのRetinaディスプレイですが、一つはa-Si(アモルファスシリコン)、一方はOxide(酸化物)TFT技術が採用されているとのこと。

a-Siは一般的なノートPCに採用されているもので、酸化物TFTは比較的最新の技術でシャープのIGZOなどで採用されているものです。現行のApple製品で酸化物TFT技術を採用しているのは公式サイトの記述よりiMac 27インチ Retina 5KモデルとiPad Proだとみられており、「酸化物TFTは信じられないほどの色、コントラスト、明瞭さを提供する」と述べられています。

同氏によればa-SiはエントリーレベルのMacBook 13インチに、OxideはMacBook Pro 13インチに採用されるだろうとのこと。また、発売は6月でも可能だとしながらもパネルの受注は第3四半期(7〜9月)までは厳しいとも述べています。

なお、より低価格なMacBook Air発売の噂もありますが、上記に含まれているのは不明とのこと。

この情報が正しければやはりRetina搭載MacBook 13インチは存在することになります。価格を抑えたエントリークラスのモデルと言われているだけに最新の酸化物TFT技術は採用されない見込みのようですが、現行のMacBook 12インチのRetinaディスプレイ(おそらくa-Si)でも十分高精細で美しいので十分と言えば十分です。

価格を抑えたRetina搭載13.3型MacBookが今年6月にも発表か⁉︎
Digitimesによりますと、2018年第2四半期末(6月頃)にエントリーモデルの13.3インチ新型MacBookをリリースする予...

気になるのは低価格になったMacBook Airが上記に含まれているか不明とのことで、上記モデルとは別に発表される可能性も考えられます。予想されているのは3月27日の教育関連イベントで低価格なiPadと同時に低価格MacBook Airも発売されるのではと言われています。

2018年4〜6月にもより低価格な新MacBook Airリリースか!?
9to5Macによりますと、Apple製品のリーク情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏からの話としてAppleは2018年第2...

参考:Forbes
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください