価格を抑えたRetina搭載13.3型MacBookが今年6月にも発表か⁉︎

MacBook Air-1

Digitimesによりますと、2018年第2四半期末(6月頃)にエントリーモデルの13.3インチ新型MacBookをリリースする予定だと報じています。

Sponsored Links

Retina搭載ながら価格はAir並⁉︎

情報によりますと、この新型MacBookは価格がMacBook Airと同程度かやや高い程度で、解像度がMacBook Pro 13.3インチモデルと同じ2560×1600ピクセルのRetinaディスプレイになると伝えています。

ディスプレイはLG製のa-Siパネルを採用で、5月末〜6月初旬に量産される予定とのこと。

また、2018年第2四半期(4〜6月)には低価格な新型iPadが、後半には新型iPad Proがリリースされる予定とも伝えています。

この情報が本当なら低価格かつRetina搭載のMacBookという多くの人が望む待望のMacBookが登場することになります。

個人的に気になるのはデザインがどのようなものになるのかという点ですが、

MacBook AirにそのままRetinaを搭載したものになるのか

MacBook 12の画面をそのまま大きくしたものになるのか

はたまたMacBook Pro 13インチモデルのようなフラットな形状になるのか

色々期待が高まりますが、6月発表までの辛抱ですね笑

参考:Digitimes
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください