【悲報】2年間ほぼ無傷だったiPad Pro、iPhone 12でいとも簡単に傷つく

iPad Pro 11インチを購入して以降、保護フィルムを使用せずにSmart Folioだけで画面を保護してきたのですが、これまで使用してきた約2年間ほどで画面の傷はほぼ無傷でした。

iPad Pro 11インチを保護フィルムなしで一年半使い続けた結果
iPad Pro 11インチを購入して約1年半が経ちました。 自分は過去のiPad Pro 10.5インチの経験からiPadにフィルムは不要だと考え、購入時点から保護フィルムなしでずっと使用し続けているのですが、今回はそれから一年...

爪でひっかいてしまったり、落としたりしてしまったことなどもありましたが、それでも傷はほぼなく、ガラスの保護性能の高さを痛感していました。

しかし、そのガラスもiPhone 12でいとも簡単に傷ついてしまうことが判明しました。

iPad Proの頑丈なガラスもiPhone 12には敵わず

こちらがそのiPad Proです。

一見すると傷がないように見えますが、

ここにはっきりとわかる傷がついています。

これまで数々のiPadを保護フィルムなしで使用してきた自分ですが、ここまではっきりとわかる大きめの傷ができたのはこれが初めてです。

一体なぜこのような傷ができたのかと言いますと、iPad Proの画面上にiPhone 12を「滑らせて」しまったからです。

「落とした」のではなく、軽く「滑らせた」だけです。

滑らせてしまったときはカタンカタンと軽い音を立てて滑っただけで、確認するまではまさかここまではっきりとわかる傷がついてしまったとは到底思いませんでした。

 

原因はiPhone 12のカメラ

ここまではっきりとわかる傷がついてしまった原因はおそらくこの背面カメラです。

iPhone 12の背面側からiPad Proのディスプレイに滑らせてしまったためで、傷ついた跡を見てもちょうどカメラ部分がひっかかったような感じなので間違いないでしょう。

 

iPhone 12の背面カメラはダイヤモンドの次に硬いと言われるサファイアガラスが採用されており、この部分だけ非常に硬くなっています。

この硬度の高いサファイアガラスがiPadのディスプレイガラスにこすれてしまったため傷ついたことは容易に予想できます。

 

iPhone 12の頑丈さがアダに

最近のiPhoneは段々頑丈になるように設計されていますが、今回の出来事は逆に頑丈すぎたために他のApple製品を傷つけてしまったことになります。

この問題は実は他でも報告されていて、iPhone同士を重ねておいたらカメラと接触したガラス側が傷ついてしまったということがあります。

iPhone 11の画面を傷つけた原因がわかった。凶器は…iPhoneだ!
iPhoneはiPhoneを傷つける。これマメね。今朝起きた、アンボックスしてわずかな時間しか経っていないiPhoneの画面に傷がついていた事件。...

頑丈になることは良いことなのですが、他の製品と接触するとその製品が傷ついてしまうというのは頑丈さゆえの予期せぬ弊害でしょう。

せめてカメラの出っ張りさえなくなれば、こうした問題も避けられる気がするのですが、どうなることでしょう。

 

しかし、iPadのディスプレイもiPhone 12のサファイアガラスでもなければ大きな傷がつかないというのもなかなかすごいことです。

それは過去に保護フィルムなしでiPadを長年使用してきた自分が経験していることなので、iPadのディスプレイは今回のようなことがなければなかなか傷つかないのは確かなことです。

iPad Pro 10.5を保護フィルムなしで1年半使い続けた結果
iPad Pro 10.5を保護フィルムなしで使い続けて約1年半が経ちました。 1年半保護フィルムなしで使い続けて画面の状態はどうなったのか、その詳細をまとめてみました。
iPad Pro 11インチを保護フィルムなしで一年半使い続けた結果
iPad Pro 11インチを購入して約1年半が経ちました。 自分は過去のiPad Pro 10.5インチの経験からiPadにフィルムは不要だと考え、購入時点から保護フィルムなしでずっと使用し続けているのですが、今回はそれから一年...

 

今回のような傷を防ぐためにもiPadに保護フィルムをつけるべきか悩ましいところではありますが、つけることによって損なわれる視認性やタッチ操作感、Apple Pencilの使用感、そしてSmart Folioの優れた保護性能などを考えますと、自分はまだしばらくつけずに使用していこうと思いますね。

 

参考:GIZMODO

コメント

タイトルとURLをコピーしました