分解画像から見る新型MacBook Pro 13 Barあり/なしモデルの違い

macbook-pro-2016-teardown-3

Apple製品の分解に定評のあるifixitより新たにMacBook Pro 13インチ(Late 2016)Touch Barモデルの分解画像が公開されました。

今回はこの分解画像よりTouch Barあり/なしモデルの違いについて詳しく比較していこうと思います。

Sponsored Links

外観

分解画像の前に外観について比較されていたので、その詳細から見ていきます。

macbook-pro-2016-teardown-4

まずは両者の大きな違いであるキーボード上部ですが、Touch Barモデルでは横長のタッチ式ディスプレイが広がっているのが大きな特徴です。

Touch Barは従来のファンクションキーと比べても違和感なく統一されたデザインとなっています。

その他キーボード、スピーカーグリル、トラックパッドなどのデザインに関しては両者とも同じです。

macbook-pro-2016-teardown-5

もう一つ大きな違いである右側面のインターフェイスですが、BarありモデルはThunderbolt 3×2、イヤホンジャックがあるのに対し、Barなしモデルはイヤホンジャックのみとなっています。

ちなみにMacBook Pro 13のBarありモデルの右側面Thunderbolt 3は帯域幅が約半分に制限されています。

MacBook Pro 13(Late 2016)の右側Thunderbolt 3の転送速度と帯域幅制限がある理由
MacBook Pro 13(Late 2016)Touch Bar搭載モデルでは右側のThunderbolt 3の帯域幅が制限され...

macbook-pro-2016-teardown-6

意外と気づかないのが、背面の吸気口の有無です。

Barありモデルは背面に吸気口があるのに対し、Barなしモデルは背面の吸気口がありません(ちなみに両モデルともにヒンジ部分に排気/吸気口が隠されています)

この辺りは搭載するCPUの違いが関係しています。

分解画像

両モデルの分解画像は以下の通りです。

macbook-pro-2016-teardown-7

左:Touch Bar搭載モデル、右:Touch Bar非搭載モデル

見ての通り中身は全然違います

主な部品ごとに見ていきますと以下のようになります。

macbook-pro-2016-teardown-8

赤:CPU

CPUは

Barありモデル:Core i5-6267U 2.9GHzデュアルコア 28W

Barなしモデル:Core i5-6360U 2.0GHzデュアルコア 15W

となっています。

消費電力と発熱の違いからかBarありがデュアルファンで背面吸気、Barなしがシングルファンでヒンジ部分からのみ吸気となっています。

黃:メモリ

メモリは

Barありモデル:8GB 2,133MHz LPDDR3

Barなしモデル:8GB 1,866MHz LPDDR3

となっています。

若干Barありモデルのほうがメモリの速度が早いようです。

どちらも取り外しは不可です。

青:SSD

SSDはBarなしモデルは取り外し可能であるのに対し、Barありモデルははんだ付けされており、交換は不可となっています。

速度は違いがあるのかは不明ですが、Barなしモデルのスコアを見る限り、ほぼ公表値通りなので、両者に差はないものと思われます。

MacBook Pro Late 2016のSSD性能、速すぎてベンチマークの限界に達する結果に!?
MacBook Pro Late 2016モデルではSSD性能の大幅な向上も一つの大きな特徴でありますが、このSSD性能、なんと速すぎてベン...

ピンク:バッテリー

バッテリー容量は

Barありモデル:49.2Wh

Barなしモデル:54.5Wh

となっています。

消費電力の低いCPUを搭載するBarなしモデルのほうが大容量のバッテリーを搭載しており、公式にはどちらも10時間駆動とされていますが、Barなしモデルのほうが長持ちするものと思われます。

緑:スピーカー

スピーカーはBarありモデルは整った四角形の箱型設計となっていますが、Barなしモデルは従来のMacBookシリーズのようなスペースを最大限使った不規則な設計となっています。

どちらのほうが音質がいいのかは不明ですが、Barありモデルの形状は15インチモデルとほぼ同じものなので、Barありモデルの方が音質が良い設計となっているのかもしれません。

MacBook Pro 13(Late 2016)のTouch Barあり/なしモデルの違いは見た目以上に大きいです。

新型MacBook Pro 13を購入する際はこの違いをよく考慮して買うと良いかもしれません。

関連記事

MacBook Pro 2016 Barなし実機レビュー!キーボードは良好、重さは意外と重い?
本日、Apple Store 表参道にて、MacBook Pro 13インチ 2016 Touch Barなしの実機モデルに触れてきましたの...
MacBook Pro 13インチはもはや不要?MacBook 12ユーザーが素直に思うこと
最近新型MacBook Proの登場が噂されており、その登場が待ち遠しい方も多いことかと思いますが、MacBook 12インチ(20...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    吸気口なくてどうやって冷やすんですかね?

    • smco より:

      >吸気口なくてどうやって冷やすんですかね?
      すみません、説明不足でした^^;

      正しくはBarなしモデルは吸気口がないのではなく、「背面の」吸気口がないのです。
      Barなしモデルの吸気口はヒンジ部分に隠されています。

      文章中の内容も修正しておきました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>