MacBook用アダプタは意外とこれで十分?純正USB-C – USBアダプタ購入&外観レビュー

USB-C to USB Adapter-s

自分はMacBook用にUSB×2、USB-C、HDMIを搭載するAnkerのUSB-Cハブを持っているのですが、しばらくMacBookを使ってみて思ったのは意外とUSBを使う機会は少ないということです。

AnkerのUSB-CハブはUSBを2つ搭載していますが、まだ1つなら使うことがあるとしても同時に2つ使うことはほとんどありません。それにこのUSB-Cハブは意外とスペースを取るので、外出時に小さいテーブルで使うときなどにはかさばります。

そこで外出時なら純正USB-C – USBアダプタさえあれば事足りるのではないかと考え、購入に至りました。

今回はこのUSB-Cアダプタの外観と購入レビューについてまとめてみました。

Sponsored Links

外観レビュー

USB-C to USB Adapter-1

こちらがUSB-C – USBアダプタの化粧箱です。

USB-C to USB Adapter-2

背面には簡易的な接続例について書いてあります。

ちなみに価格は税抜き価格で2200円です。

USB-C to USB Adapter-3

内容物は簡単な説明書が2つとUSB-Cアダプタがあるのみです。

USB-C to USB Adapter-4

こちらがUSB-Cアダプタ本体です。

USB-C to USB Adapter-5

背面には製品認証のマークと製造元などが書いてあります。

USB-C to USB Adapter-6

USB接続部分です。

意外と大きめのサイズです。

USB-C to USB Adapter-7

LightningケーブルのUSB部分と比較するとこんな感じです。

USBを一回りほど大きくしたようなサイズですね。

USB-C to USB Adapter-8

USB-C部分です。

USB-C to USB Adapter-9

こちらは付属の純正USB-Cケーブルとサイズはほぼ変わらないようです。

USB-C to USB Adapter-10

自分の持っているAnkerのUSB-Cハブとの比較です。

やはり純正USB-C – USBアダプタはUSB一つのみなので、AnkerのUSB-Cハブと比べるとだいぶコンパクトに収まっています。

ケーブルの長さも適度に短いので、取り回しも良さそうです。

USB-C to USB Adapter-11

実際に接続してみたところです。

やはりアダプタがコンパクトなので、かなりスッキリ接続できます。iPhoneなどの充電も行えます。

USB-C to USB Adapter-12

このアダプタの素晴らしいところはAnkerのUSB-Cハブだと電源ケーブルを使用しないと使えなかったBDドライブが使用できるという点です。

やはり純正だけあって供給電流は大きいようです。

ちなみに確認したところ1Aの電流を供給可能なようでした(AnkerのUSB-Cハブは0.5Aでした)。

実際に使ってみて思ったこと

純正USB-Cアダプタを使用してみて思ったのはやはりコンパクトな分取り回しが良いということですね。

AnkerのUSB-Cハブはたしかに十分なインターフェイスを搭載しており、同時に複数接続するときは便利なのですが、USBを一つだけ接続したいといったときにはこの純正USB-Cアダプタのほうが手軽に使えます。

実際にしばらくMacBookを使ってみてもUSBも同時に2つ以上使うということはほとんどなかったので、少なくとも自分はこのUSB-Cアダプタさえあれば十分だと思いました。

また、純正なだけあり、供給電流も1Aと多いので、BDドライブなどの多くの供給電流が必要な機器でも接続できるという意味でもこのアダプタは便利だと思います。

価格も税抜きで2200円と他のアダプタに比べて手頃な価格なので、MacBookユーザーは持っておいて損はない製品なのではないかと思います。

ただ、HDMIなどの映像出力を行いたい場合や同時に2つ以上接続したいといった場合はAnkerのUSB-Cハブなどを一応持っておいたほうが安心かもしれません。

とりあえず自分は基本はこのUSB-Cアダプタ、自宅用にAnkerのUSB-Cハブを置いておくといった感じで使い分けていくつもりです。

MacBookのUSB-Cアダプタの購入に迷っている方の参考になれば幸いです^_^

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。