【実機画像】Apple Watch 40/41/42/44/45mmのサイズ感を試着して比較してみた

Apple Watchを購入する時、実際のサイズ感がどのようなものか気になることかと思います。

常に手首に着けるものであり、デジタルガジェットである前に時計でもあるので、iPhone以上に見た目が重要だったりします。

今回はSeries 4〜7、SEまでの40/41/44/45mmを試着できる機会があったので、手持ちの初代Apple Watch 42mmと実機比較などしてみました。

Apple Watchの試着がなかなかできない場合など参考になれば幸いです。

手首のサイズは男性平均より細め

参考までに筆者の手首のサイズは15.9cmとなっています。Apple Watchのバンドのサイズで言うと「サイズ6」が適切な大きさとなっています。

Apple Watchのバンドのサイズは紙と定規があれば簡単に測定できます。詳しくは以下の公式ストアの「測定を始める」からどうぞ↓

https://www.apple.com/jp/shop/product/MKVJ3FE/A/41mmケース用スターライトソロループ-サイズ1

成人男性の平均が16.5〜17cm、成人女性の平均が15〜15.5cmとのことですので、成人男性としては比較的細め、成人女性と比較すると平均より少し太めになりますが、どちらかというと女性寄りのサイズです。

この手首のサイズだからと言って、Apple Watchはこの大きさがベスト、というものがあるわけではありませんが、ある程度参考にはなると思います。

 

単体での比較

42mm(Series 1〜3)

普段筆者が使用している初代Apple Watch 42mmです。

Apple Watch Series 1〜3の大きい方のサイズにあたります。

これから比較するSeries 4以降と比較するとよく分かりますが、画面周りの黒フチが太く、本体サイズのわりに画面サイズが小さめです。

 

40mm(Series 4〜6、SE)

Apple Watch Series 4〜6、SEの小さい方のサイズの40mmです。

先ほどの42mmモデルと比較すると40mmのサイズのわりに画面が大きいです。本体サイズは小さめな部類で女性向けなサイズ感ですが、画面サイズがそこそこ大きいので、42mmの代わりに着けたとしてもそこまで違和感はありません。

 

41mm(Series 7)

Apple Watch Series 7の小さい方のサイズの41mmです。

可能な限り画面周りの黒フチを細くして、本体サイズをコンパクトに収めながら大画面を搭載しています。そのため42mmよりもパッと見大きく見えますが、実際には42mmよりも小さいです。

 

44mm(Seires 4〜6、SE)

Apple Watch Series 4〜6、SEの大きい方のサイズの44mmです。

ここまでの大きさになるとかなりデカさを感じます。時計というよりガジェットを身につけている感が強いです。その分、画面が非常に見やすく、実用的ですが、腕が細めの人にとっては良くも悪くも目立つ大きさです。

 

45mm(Series 7)

Apple Watch Series 7の大きい方のサイズの45mmです。

本体サイズは先ほどの44mmより1mm大きくなった程度ですが、画面周りの黒フチを細くしたことにより、画面サイズがかなり拡大されています。そのため画面全体を点灯させたときの存在感がかなり強いです。

 

42mmとのサイズ比較

40mmと42mm

40mm(左)と42mm(右)の比較です。

40mmはApple Watchの中では小さめなサイズ感ですが、42mmと比較してもそこまで違和感のないサイズ感です。実際に試着してみると、本体サイズはたしかに42mmよりも小さいと感じますが、画面サイズが大きいので42mmユーザーでも違和感なく使えます。

 

41mmと42mm

41mm(左)と42mm(右)の比較です。

41mmモデルは42mmよりも本体サイズが小さいはずなのに、画面サイズは明らかに大きいです。技術の進歩により、画面周りの黒フチを可能な限り細くしたことによる影響でしょう。実際に試着してみても本体サイズの違いがよく分からないほどに両モデルの本体の大きさは近いです。

 

44mmと42mm

44mm(左)と42mm(右)です。

44mmモデルは明らかに42mmよりも大きいです。この辺りから時計感とガジェット感の境界を感じます。もう少し手首が大きい人なら似合うかもしれませんが、少なくとも筆者が身につけた感じでは、デカさを感じて若干不釣り合いな印象でした。

 

45mmと42mm

45mm(左)と42mm(右)です。

45mmモデルは本体サイズも画面サイズも大きいため、相当大きく感じるサイズ感です。ここまでのサイズになるとわりと人を選ぶ気がします。大きめの時計の方が好きという人ならおすすめできるサイズです。

 

実用性以上にサイズ感は大事

Apple Watchはデジタルガジェットでもあり、時計でもあるので、実用性以上にサイズ感は重要となってきます。

スマホとは違い、常に身につけて常に見えるものなので、時計として違和感のないサイズ選びをしたいところです。

 

個人的な主観ではあるものの、筆者くらいの腕の太さの人は40〜42mmモデルがちょうど良いと思います。

最新のSeries 7は41/45mm

Series 4〜6、SEは40/44mm

なので、最新モデルが良い人は41mm、低価格なSE辺りが良い場合は40mmがおすすめでしょう。

 

なお、画面の大きさは小さい順に

38mm<42mm<40mm<41mm<44mm<45mm

となっています。

詳細は以下の図による比較を参考にどうぞ↓

Apple watch Series 1〜7 38/40/41/42/44/45mmの全サイズ画面大きさ比較まとめ
Apple Watch Series 7にて新たに41mm、45mmのサイズが追加され、画面も大型化されましたので、これまでのApple Watchシリーズの画面サイズを分かりやすく図を用いて比較してみました。 各サイズのApple ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました