Smart KeyboardにトラックパッドがついたらiPadがかなり便利になりそうな件について

smart-keyboard-1

先日、以下のような記事を公開しましたが、そのときふと思ったのが、iPadの純正アクセサリSmart KeyboardにトラックパッドがついたらiPadがかなり便利になるんじゃないか、ということです。

ブロガーが考えるiPadにこれさえあればPC不要になる4つの機能
自分はブログの編集は基本MacBook 12で行っているのですが、ネット閲覧や動画鑑賞などをするだけなら圧倒的にiPadのほ...

そこで今回はSmart Keyboardにトラックパッドがついたらどのように便利になるのかについて語っていこうかと思います。

Sponsored Links

文字選択が簡単に

smart-keyboard-trackpad-1

トラックパッドが付くことによるメリットの一つとして文字選択が簡単になるということが考えられるでしょう。

iPadのタッチ操作でも文字選択はできますが、非常に使い勝手が悪く、思ったように選択できないこともしばしばあります。

トラックパッドなら確実に文字を選択できますし、Macのように3本指ドラッグに対応すればその使い勝手は画期的に良くなることでしょう。

ホームボタンを押す必要がなくなる

ipad-pro-12

おそらくトラックパッドが搭載されればiPadでホームボタンを押す必要がなくなることでしょう。

その理由はiPadで可能な5本指でピンチするとホーム画面に移行4本指で上にスワイプするとマルチタスクを開けるショートカットがあるからです。

これはとても便利な機能ですが、デメリットとして4本指以上同時に使うアプリを使用するときは誤作動を起こしやすいということがあります。そのためこれらの機能はデフォルトでオフになっています。

これがトラックパッドでの操作ならアプリを気にせず使用できるので、どのアプリでもホームボタンを押すことなくホーム画面やマルチタスクを起動できるでしょう。

画面にタッチする必要すらなくなる

ipad-pro-11

トラックパッドが搭載されることにより大半のアプリで画面にタッチする必要すらなくなるでしょう

キーボードを使用しているときってそこから画面に手を伸ばしてタッチするのはわりと面倒なことだったりします。これはAppleも認めていることで、AppleがかたくなにMacをタッチ対応にしない理由はこれにあります。

iPadもキーボードなしならタッチ操作で十分ですが、キーボードありになると途端にタッチ操作が面倒になります。

ただ、この問題はトラックパッドをつけることによりほぼ解決します。

トラックパッドがあれば上記のように文字選択からホームボタンの機能、さらにはMacのように2本指スワイプで画面を上下左右に移動できたり、単純にボタンの選択なども可能です。

大半のアプリとも互換性がある

smart-keyboard-2

上に挙げたようにトラックパッド搭載によりあらゆる操作に対応できるので、大半のアプリにおいて互換性があるといえるでしょう。

逆に対応しないアプリとして考えられるのはゲームアプリくらいです。ただ、ゲームアプリの場合はそもそもキーボードが必要ない場合が多いので、使えるアプリだけ使えれば問題ないでしょう。

ボタン選択、画面移動、文字選択、ホーム画面移動、マルチタスクなどなどアプリを使うのに必要な操作がトラックパッドで代用できるということは、現実にSmart Keyboardにトラックパッドが搭載されても問題なく使えるということです。

技術的な問題は多少はあるでしょうけど、このように互換性があるためAppleならこの程度の問題はきっと解決できることでしょう。

折りたたんだときの見た目も良くなる

smart-keyboard-3

これはデザイン的な話ですが、Smart Keyboardにトラックパッドが搭載されることにより、折りたたんだときの見た目が良くなることが考えられます。

現在のSmart Keyboardは折りたたんだときにキーボード部分が中途半端な大きさであるためスタンド部分1個分へこんだ状態となり、あまり良いデザインとは言い難いものです。

それがトラックパッドが搭載されれば、この中途半端に大きさが改善され、しっかりiPadの大きさ分のスペースを使えることでしょうから見た目も良くなることが期待できるでしょう。

まとめ

これらのことからもSmart Keyboardにトラックパッドが搭載されることによりiPadがかなり便利になることがわかるかと思います。

むしろトラックパッドを搭載しない理由がないようにも思えます笑

しかし、iPadは標準でトラックパッド、というかマウス操作に対応していません。Androidでは対応しているのにiOSでは対応していないのです。

これはおそらく今は亡きスティーブ・ジョブズ氏のiPadやiPhoneでマウスやスタイラスペンを使わないようにするという方針が関係しているものと思いますが、iPad Proでジョブズ氏が嫌っていたスタイラスペンが採用されたこともあり、徐々にこの方針も変わりつつあります。

Smart Keyboardでも同様にして、これまでiOSでかたくなに採用してこなかったマウス操作が採用され、トラックパッドが搭載される可能性も十分ありうるのではないかと思いますね。

技術的には不可能ではないはずなので、あとはAppleがどう判断するかですね。

Appleが今後iPadをどのように展開していくつもりなのかは不明ですが、個人的にはぜひともSmart Keyboardにトラックパッドを採用してほしいところですね。

そうすれば本当にiPadがパソコンの代わりになりうるかもしれないので笑

関連記事

いずれMacBookは消えゆく運命か?Apple幹部のiPadとMacを統合しない理由から見えた未来
11月3日、CNET JAPANはApple幹部であるマーケティング責任者のPhil Schiller氏、ソフトウェアエンジニアリン...
ブロガーが考えるiPadにこれさえあればPC不要になる4つの機能
自分はブログの編集は基本MacBook 12で行っているのですが、ネット閲覧や動画鑑賞などをするだけなら圧倒的にiPadのほ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>