次期macOS 10.15ではLuna/Duet DisplayいらずでiPadサブディスプレイ化に対応か

Luna Display-1

9to5Macによりますと、開発関係者からの話として次期macOS 10.15にてiPadをサブディスプレイとして接続できる機能を搭載予定だと伝えています。

Sponsored Links

ついにiPadサブディスプレイに正式対応か

情報によりますと、この新機能はMac上のあらゆるアプリのウィンドウを外部ディスプレイまたはiPadに全画面表示できるとのこと。

Macアプリウィンドウ左上にある緑色の最大化ボタンにマウスを重ねるとメニューが表示され、ウィンドウをフルスクリーンにしたり、タイル表示にしたり、iPadなどの外部ディスプレイに表示したりするためのオプションが出てくる模様。

また、Apple Pencilにも対応し、iPad上でワコムのペンタブレットのように描き込むことが可能になるとのこと。

この情報が本当なら現在存在するサードパーティ製のiPadサブディスプレイ化アプリ「Luna Display」や「Duet Display」などが不要でiPadをMacの外部ディスプレイとして使用することができることになります。

両アプリはどちらともiPadのサブディスプレイ化アプリとしてはそこそこ優秀ではありますが、実際に使ってみた感じだとサードパーティ製であるがゆえにmacOSやiPadの制約があり、外部ディスプレイとしてはやや惜しい仕上がりという印象でした。

「Duet / Luna Display」はどちらの方が使いやすい?遅延、画質、使い勝手を比較検証してみた
最近iPadをディスプレイ化するアプリが続々と登場してきていますが、その中でも特に代表的なのが有線接続の「Duet Display」...

この機能が公式として利用できるようになれば、そうしたOSや端末側の制約がなくなり、iPadの性能を最大限発揮できるようになることが期待できます。

次期macOSやiOSの機能の詳細は6月4日に開催されるWWDCにて正式発表されるでしょうから同イベントの発表に期待大ですね。

参考:9to5Mac
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください