MacBook Pro(Late 2016)にWindows 10をインストールするとスピーカーが破壊される不具合が判明!

macbook-pro-2016-speaker-issues-1

Apple Support Communitiesなどの一般ユーザからの情報によりますと、MacBook Pro(Late 2016)にてBootCampでWindows 10をインストールするとスピーカーが物理的に破壊され、2度と元に戻らない不具合が発生していることが判明しました。

GPU関係の不具合が原因か?

情報によりますと、BootCampでWindows 10を利用しているとミュート状態でもパチンというポッピングサウンドが鳴り、スピーカーからの音声がアンバランスで低出力になるという症状が起こるとのこと。

この不具合が起こるとMacBook Proを再起動しても元に戻ることはないとのことです。

実際にこの不具合が発生したLon.TVのLon氏の動画によりますと、MacBook ProにWindows 10をインストールし、Steamで遊ぼうとXboxコントローラーを接続した時に、恐ろしいポップ音が鳴ると共に、右のスピーカーの音が歪み音量が上がらなくなっていたと語っています。

WARNING: Windows on new Macbook Pro Permanently Damages Speakers

この不具合が発生した後のスピーカーの音質を確認した動画もいくつか公開されています。

Bootcamp Ruined My MacBook Pro TB 2016 Speakers
!!WARNING!! 2016 Macbook Pro speaker blowout in Bootcamp

この不具合が発生する原因は不明ですが、発生しているのは今のところdGPUを搭載したMacBook Pro(Late 2016) 15インチモデルのみとのことで、GPU関係の不具合が原因だと予想されています。

 

GPU関係の不具合といえば、つい先日、MacBook Pro(Late 2016)の全モデルにてディスプレイ表示に異常が発生する不具合が多数報告されていることが判明しましたが、この不具合もGPU関連の不具合が原因とされていました。

こちらの不具合はディスプレイの表示が乱れるというもので、ソフトウェアアップデートなどで改善の余地はありますが、今回の不具合ではスピーカーが物理的に破壊され、一度発生すると2度と元に戻らないという致命的な不具合であるため

新型MacBook ProにてWindows 10をインストールする予定の方はこの不具合が改善されるまでWindows 10はインストールしないほうがよいでしょう。

 

参考:APPL.CH

コメント

タイトルとURLをコピーしました