MacBookユーザーで新型Mac miniを買おうとしている人へ、Mac miniを買って3ヶ月で売った自分が伝えたいこと

Mac mini 2013-1

新型Mac miniが登場し、やや心もとない性能の手持ちのMacBookとは別に家で使う用のメイン機として1台持っておきたいと考えているMacBookユーザーも多いはず。

かくいう自分もそういう目的でMac miniを購入したいと思っていたユーザーの一人でした。

…実際にMac miniを購入して使う用になる前までは。

今回はなぜ自分がMac miniを買って3ヶ月で売ったのか

その理由と体験談について語っていこうと思います。

Sponsored Links

Mac miniを買おうと思った理由

自分がMac miniを購入したのはLate 2012年モデルが登場した頃のことでした。

その当時自分はMacBook Air 13インチ(Mid 2012)モデルを持っていましたが、それでもMac miniが欲しいと思いました。

その主な理由が以下の通りです。

  • 当時ハマっていたMinecraftを高画質MODを導入してやってみたかった
  • どこでもMyMacの「画面共有」機能で外出先からMac miniにアクセスして時間がかかるエンコード作業などをやりたかった
  • 容量の大きいデータを保存し、外部からアクセスできるNASとしても使いたかった
  • とにかく安かった(2013/4時点で約5万6千円)

と色々と目的はあり、なによりとにかく安かったことが大きな理由でした。

比較的価格の高いMacとしてはMac miniは破格とも言える値段となっており、当時の性能的にもコストパフォーマンスが抜群に良い製品でした。

そしてその値段の割に非常に多くの活用法があり、MacBookユーザーであればむしろその活用の幅が広がるというものでした。

家ではMac miniをメインで利用して、外出先ではMacBook Airで作業を行う。長時間負荷のかかる作業は「画面共有」機能を通してリモート操作で自宅のMac miniに作業させ、容量の大きいデータはMac miniに保存してネット経由でアクセス。という運用方法を想定し、実際に購入するに至りました。

なぜ3ヶ月で売ったのか?

実際に自分は購入して上記の方法でMac miniを活用しました。

最初は本当に理想通りに運用できたので満足していましたが、しばらく使ってみるとその全てが面倒に感じてきました

まず、家でMac miniをメインで利用すること。

これは実際にはほとんどやらなくなりました^^;

というのもMacBook Airがあるので、よほどのことがないかぎりわざわざデスクまで向かい、起動して、Mac miniで作業するという必要がなかったのです。デスクの上だろうがベッドの上だろうが使用できるMacBook Airの方がよっぽど手軽で快適だったので、作業負荷が高い作業以外全てMacBook Airで済ませてました(Minecraftも高画質にこだわらなければMacBook Airでできてました)

次に画面共有で外出先からMac miniにアクセスする作業。

これは確かに便利でしたが、言うほど時間のかかる作業を行う機会がなく、たいていはMacBook Airで済んでしまうことがわかりました。

それにネットワークの状態に影響するので、外出先ではiPhoneのテザリング機能を使っていましたが、ネット接続が不安定になったときは使い物にならなくなるという問題がありました。

そして容量の大きいデータはMac miniに保存し、外部からアクセス可能にすること。

これはデータの管理を異常に面倒にするやっかいなものでした。

まず、容量の大きいデータ(たいてい動画)は移動するのに時間がかかります。MacBook AirからMac miniに移動しようとすると、ネット経由だとかなり時間がかかり、直接接続して移動するとわざわざデータ移動のたびに接続するのが面倒という問題がありました。

そして、移動したデータはネット経由でアクセスするのですが、先程述べたようにネット接続が不安定だと動画の読み込みが安定せず、非常に使いづらいことがわかりました。

また、データ管理は同じデータを2つのPC間で行ったり来たりさせるので、非常に面倒なものになり、どこのどのファイルに何があるのか2つのパソコン分把握しなければならないという問題が発生しました。

これらのことからMac miniを買って3ヶ月で売るに至りました。

今思えばなぜMac miniを買ったのかと思うようなことばかりですが、実際に運用してみないと分からなかったことも多く、機能の便利さと実際の使い勝手の良さは別物だということを実感できたのである意味いい経験になりました笑

実際こうした購入の失敗経験が今の自分に活かされてると思うので笑

まとめ

MacBookユーザーでこれからMac miniを購入予定の人に言いたいのは2つのPCを使い分けるというのは思いのほか高度なスキルが要求されるということです。

MacBookユーザーにおいてMac miniは

何がMacBookでできて、何がMac miniじゃなければできないのか、それを把握できている人

ネットを活用した利用方法を知っていて、それが快適にできるネット環境が整っている人

2つのPC間でもデータ管理ができる自信がある人

などが買うべき製品だと思います。

もちろん買った当時(2013年4月)と現在ではネット周りの環境が大きく変わり、当時より大幅に使い勝手が向上したiCloudがありますので、こうしたサービスを活用すれば両立はできるかもしれません。

ただ、いずれにせよそこそこのスキルは必要で、iCloudは有料サービスへの加入(無料で5GB、130円/月で50GB〜)が推奨されることからも2つ持ちは万人向けとは言えないことは確かでしょう。

以上、MacBookユーザーによるMac mini購入の体験談でした。

Mac mini購入の参考になれば幸いです^_^

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください