5.4インチiPhone 12 miniの画面サイズは5.5インチiPhone 8 Plusよりはるかに小さい件

2020年の新型iPhoneは5.4インチモデル(iPhone 12 miniとの噂)が出ると言われていますが、インチ数的には近い5.5インチiPhone 8 Plusとはどれくらい差があるのか気になったので、比較検証してみました。

画面サイズのスペック

現時点で判明している画面サイズに関するスペックはそれぞれ以下の通りです。

iPhone 8 Plus iPhone 12 mini(仮)
画面サイズ 5.5インチ 5.4インチ
アスペクト比 16:9 19.5:9
解像度 1920×1080 2079×960
画素密度 401ppi 422ppi
画面高さ 121.7mm 125mm
画面幅 68.4mm 55.7mm

※iPhone 12 mini(5.4インチ)に関しては過去のリーク情報を元にしたものであり、実際とは異なる可能性があります

※画面高さ、画面幅は画面サイズやアスペクト比を元に計算したであり、実測値ではありません

 

画面サイズ比較

上記の計算結果のもと、画面サイズなどを比較したものがこちら

重ねた比較がこちらです

見てみますと、画面サイズのインチ数自体はわずか0.1インチの差しかありませんが、実際の画面の大きさ(面積)にはかなり開きがあることがわかります。

一体なぜこのような差が出るのかと言いますと、画面サイズの指標であるインチ数はあくまで対角線上の長さしか表していないからです。

詳しくは以下の記事にて解説していますが、このインチ数はアスペクト比が縦長になればなるほど数字だけが大きくなる傾向にあるため、最近の縦長スマホではインチ数のわりに画面の大きさはそこまで大きくないこともよくあります。

画面サイズの「インチ数」は正確な大きさを表しているわけではない
最近スマホの画面サイズが縦長になってきており、それに伴い画面サイズのインチ数というのがこれまでより大きく表されるようになってきました。 そうなると困るのが実際の画面サイズと思っていたインチ数の大きさにズレが生じることです。 今回...

 

このことから5.4インチiPhoneの画面サイズは5.5インチのiPhone 8 Plusなどと比較してそこまで画面サイズが大きくなく、本体サイズもかなりコンパクトになるものと思われます。

これは小型なiPhoneを求めていた人にとっては朗報と言えることでしょう。

 

参考元記事

5.4インチiPhone 12用と思われる解像度、iOS 14ベータ版から発見か?
9to5Macによりますと、iOS 14 beta 3で初めて5.8インチiPhoneに画面表示拡大モードが追加されたことが判明しました。
2020年5.4インチiPhoneの本体サイズ(仮)を現行モデルと比較してみた
2020年に発売されるiPhoneは6.7/6.1/5.4インチとなり現行の6.5/6.1/5.8インチより大型化、小型化されたラインナップになるという情報がApple関係のリーク情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏より公開さ...
2020年iPhone 12 5.4インチ(仮)と現行モデルとの画面サイズ比較
2020年の新型iPhoneでは新たに5.4インチモデルが登場すると言われていますが、画面サイズが現行モデルと比較してどれくらいの大きさなのか気になるところ。 そこで今回は画面サイズを中心に4インチiPhone SEや4.7イ...

 

公式オンラインショップからのiPhone 12のご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました