次期iPad ProはA14X、5G、ミニLED搭載で2021年3月〜6月頃、次期iPadはA12搭載で年内登場か

iPadPro2020-2

@L0vetodream氏はTwitterにて今後のiPadに関する様々な情報を公開しました。

Sponsored Links

次期iPad Proは2021年3月〜6月、次期iPadは年内登場か

同氏は、@choco_bit氏の次期iPad Proに関するツイートを引用しつつ、ミニLED、5G対応と付け加えています。

また来年のQ1(第1四半期)かQ2(第2四半期)と述べていることから2021年3月〜6月頃の登場を予測しているようです。

低価格なiPadに関しても言及しており、iPad 2020 A12と述べていることから現行のA10チップ搭載のiPadから今年中にA12にアップデートすることをほのめかしています。

今回の情報の信ぴょう性は不明ですが、次期iPad ProのミニLED搭載や5G対応などは以前からも噂されており、登場時期も来年前半頃と言われているため妥当なように思います。

低価格なiPadはここ数年A10チップから変更がなかったためA12チップへのアップデートは十分考えられるでしょう。しかし、そうなると同じA12チップ搭載の現行iPad AirとiPad miniとの差別化が難しくなるため、これらのモデルも近いうちにアップデートされる可能性も考えられます。

参考:@L0vetodream氏
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください