8.5〜9インチのiPad mini、2021年前半にも登場か

iPadmini5-1

Apple Insiderは、リーク情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏からの情報としてiPadに関する情報を公開しています。

Sponsored Links

8.5〜9インチのiPad mini登場か?

同メディアが伝えている主な情報がこちら

  • 10.8インチのiPadが2020年後半に登場
  • 8.5〜9インチのiPad miniが2021年前半に登場
  • 10.8インチのiPadはiPad AirとiPadのどちらのリフレッシュモデルなのかは不明

参考までにiPad mini 7.9インチ/iPad Air 10.5インチは2019年3月、iPad 10.2インチは2019年9月、iPad Pro 11インチは2020年3月に更新されています。

この情報が正しければ、iPad miniは画面が現行の7.9インチから8.5〜9インチに大型化してアップデートされることになります。

iPad miniは大の大人なら片手でホールドできるサイズ感で、未だ人気の高いモデルの一つとなっていますが、気になるのは画面サイズが大型化して、本体サイズはどうなるのかという点です。個人的にはiPad Proが10.5インチから11インチになったときのように若干縦長になることで極力本体の横幅は変えずに維持するものと予想しますが、実際にどうなるかはまだ不明です。

10.8インチのiPadの存在も謎です。なぜ11インチに統一しないのか疑問ですね。低価格と高価格モデルの差別化でしょうか?

個人的にiPad miniは第4世代を購入し、とても重宝していたので、新モデルの登場にはかなり期待ですね。

参考:Apple Insider
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください