iPad Pro 10.5ユーザーが思う低価格iPad 2018のApple Pencilなどの使い心地

iPad 9.7 2018 review-1

本日Apple StoreにてiPad 9.7インチ2018年モデルに触れてきましたので、今回はiPad Pro 10.5インチユーザーである自分が思ったこの37,800円(税別)という低価格iPadの使い心地についてまとめていこうと思います。

Sponsored Links

実際に触れてみた感想

iPad 9.7 2018 review-2

実際に触れてみて素直に思ったのは普通にiPadだなということです笑

そりゃiPadだから当たり前でしょと思うかもしれませんが、あらゆる動作がスムーズに動き、何不自由なく使えるこの使い心地はまさしくiPadで、手元にあるiPad Pro 10.5となんら変わりなく使用できるのです。

もちろんiPad Pro 10.5の方が画面が低反射だったり、プロシネマの色規格P3に対応している点などの違いはありますが、低価格iPadでも一般的な色規格sRGBにほぼ100%対応する優秀なディスプレイで、プロセッサもA10チップ搭載と十分高性能になっています。

iPad 9.7 2018 review-3

厚みもiPad Pro 10.5より若干厚めですが、タブレットとしては十分薄い部類でここに不満を持つということはまずないのではと思いますね。

重さも469gとiPad Pro 10.5と同じですが、十分軽く持ち運ぶ上ではなんら問題のない重さでしょう。

Apple Pencilの使い心地は?

iPad 9.7 2018 review-4

気になるApple Pencilの使い心地ですが、十分快適です。

iPad Pro 10.5の120Hz駆動のディスプレイに比べますと60Hz駆動の低価格iPadは確かにほんのわずかに遅延はありますが、十分滑らかな使い心地で十分実用的なレベルに達していると思います。

個人的に気になっていたのが低価格iPadはiPad Pro 10.5のフルラミネーションディスプレイとは違い、ガラスとディスプレイの間にギャップがあるため、そのわずかなギャップの視差によって細かい文字などが書きにくくなるのではと思いましたが、少なくとも今回試した感じだと思ったよりはそれが気にならなかった印象でしたね。

総評

iPad 9.7インチ2018年モデルは一言で言うならApple Pencilに対応した低価格iPadです。

そのまんまですが、低価格なのにあらゆるアプリが快適にサクサク動き、あのApple Pencilも使うことができる紛れもないiPadです。正直もうこれだけでも完成している製品です。

強いて言うなら画面は低反射ではない点、Smart Keybordに対応していない点、4スピーカーに対応していない点がiPad Pro 10.5との大きな差となるでしょう。

でも多くの人にとってはもうこれで十分だと思います。

iPadとApple Pencilでクリエイティブなことがしたい人からただタブレットが欲しい人まであらゆる人にオススメできる製品なのではと思いますね。

Apple PencilユーザーはiPadにガラスフィルムを貼らない方がいい3つの理由
iPad Pro 10.5インチ用にNimasoのガラスフィルムを購入したのですが、しばらく使ってみて思ったのはApple Penc...

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。