新情報:今年はすりガラス製iPhone、新デザインMacBook Pro 16インチ、10.2インチ新型iPad、Apple純正6Kモニタなど登場か

MacBook Pro 2019 concept-1

MacRumorsはApple製品のリーク情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏からの情報として、2019年中に登場するApple製品に関する情報を多数公開しました。

Sponsored Links

多数のApple製品に関する情報

kuo-2019-apple-roadmap

MacRumorsが報じている情報をまとめたのがこちら

iPhone

  • 2019年iPhoneは前年同様5.8インチ、6.5インチ有機EL、6.1インチ液晶の3モデル展開
  • すりガラス製の筐体を採用
  • Lightning端子を継続採用
  • ノッチの大きさは変化なし
  • 背面のワイヤレス充電でAirPodsなどの他のデバイスを充電可能に
  • Face IDがアップデート
  • 最上位モデルはトリプルカメラ採用

iPad

  • 新型iPadは現行の9.7インチから10.2インチに拡大
  • 新型iPad miniは内部チップのアップデートが行われる
  • 2つの新型iPad Proが上記モデルとともに2019年後半に登場

Mac

  • 完全新デザインのMacBook Pro 16〜16.5インチモデルが登場
  • 新型Mac Proが登場
  • Apple純正mini LED採用の31.6インチ6Kモニターが登場
  • 次期MacBook Pro 13インチは最大32GBメモリ搭載可能に
  • いずれも今年中に登場

Apple Watch

  • ECG(心電図)機能が多くの国で利用可能に
  • 新たなセラミック製ケースの追加

その他

  • AirPowerとAirPods 2の大量出荷が2019年前半にも開始へ
  • 内部チップがアップデートされた新型iPod touchが今年中にも登場

前回の大量リークに続き、今回も大量にApple製品に関する情報が公開されました。

新情報:2019年iPhoneはUSB-C搭載、次期iPad Proは2020年春に発売、iOS 13はダークモード機能追加など
BloombergはAppleの計画に詳しい人物からの話として今後のApple製品に関する情報を大量に公開しました。

おおよそ前回の情報と一致しているようですが、新たに追加されている情報も多く、過去に何度も正確なリーク情報を提供してきたMing-Chi Kuo氏による情報なので、今回の情報の信ぴょう性は高いものと思われます。

唯一前回の情報と異なるのは2019年iPhoneがLightning端子を継続採用するとの情報ですが、この辺りはUSB-CかLightningかよく定まっていない状態がしばらく続いており、AppleはLightning端子を継続採用する方向に舵を切ったと考えれば妥当かもしれません。

その他注目の情報としては完全に新しいデザインのMacBook Pro 16インチや純正31.6インチ6Kモニターが登場するという情報ですかね。純正モニターは以前から噂されていましたが、詳細なスペックや具体的な登場時期が判明したのはおそらくこれが初です。新デザインのMacBook Proはどのようになるか不明ですが、記事冒頭の画像のように現行の15.6インチからサイズを変えず、ベゼルレスになるのではと期待されています。

個人的に今年のiPhoneはUSB-Cになることを期待して買い換えるつもりでしたが、Lightning端子のままでノッチが変わらないというのであれば、また待つことになるかもしれません^^;

実際2020年の方が次世代通信規格5G対応や背面3Dレーザーカメラ採用など大幅アップデートが期待されているので、もうしばらくiPhone SEに頑張ってもらうことになるかもです。

参考:MacRumors気になる、記になる…
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください