新情報:2019年iPhoneはUSB-C搭載、次期iPad Proは2020年春に発売、iOS 13はダークモード機能追加など

iPhone 2019 Concept-5

BloombergはAppleの計画に詳しい人物からの話として今後のApple製品に関する情報を大量に公開しました。

Sponsored Links

次期iPhone、iPad、iOSに関する情報多数

Bloombergが報じている情報をまとめたのが以下の通りです。

Appleの事業計画

  • Appleは2020年にAR(拡張現実)関連事業を強化していく計画
  • 2020年に向けてARヘッドセットを準備中

2019年iPhone

  • 背面にレーザー方式の3Dスキャンカメラを搭載予定だったが2020年に延期
  • Lightning端子を廃止し、USB-Cを採用
  • ハイエンドモデルは背面にトリプルカメラを搭載
  • トリプルカメラはより広い視野とより高倍率なズームを可能にする
  • より性能が強化されたプロセッサ搭載
  • Face IDのセンサーがアップデートし、さらに精度向上

2020年iPhone

  • 背面にレーザー方式の3Dスキャンカメラを搭載
  • 3Dスキャンカメラは約15フィート(約4.5m)までの物体を検知を可能にする(現行のドットプロジェクタ方式Face IDは25cm〜50cm)
  • レーザー方式の3Dスキャンカメラはソニーと共同で開発中
  • 次世代通信規格5Gに対応

iPad

  • 今年の春にプロセッサが高速化された10インチ程度の低価格iPadとより低価格な新型iPad miniを準備中
  • 上記2モデルはLightning端子を引き続き採用予定
  • iPad Proは2019年内のアップデートの予定はなし
  • 2020年春にレーザー駆動3Dスキャンカメラが搭載された新型iPad Proが発売予定

iOS 13

  • ダークモード機能追加
  • CarPlay機能の改良
  • iPad専用の新たなホーム画面
  • 同一アプリ内でのタブ切り替えを可能に
  • ファイル管理機能の改善
  • 定額の雑誌購読サービス、独自のビデオコンテンツサービスを統合

一気に大量の新情報が公開されました。

iPhoneに関しては3Dスキャンカメラの延期以外はおおよそこれまでの噂通りで妥当なものでしょう。

iPadも低価格iPadとiPad miniの登場は噂通りですが、2019年中に次期iPad Proが発売されないのはこれまでにないものです。

iOS 13に関しては詳細な情報はおそらくこれが初で、注目はダークモード搭載となるでしょう。iPad専用の新たなホーム画面というのも個人的に気になります。

過去の情報と一致する情報も多く、海外大手メディアのBloomberg報道ということもあり、今回の情報の信ぴょう性はそれなりに高いものと思われます。

個人的にはiPhone SE2の登場に期待しているのですが、今回の情報でも全く触れられておらず、今のところ出る気配はないので、USB-C搭載iPhone登場と同時にiPhone SEから買い替えようかと思いますね。

参考:Bloomberg
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください