iPhone X/8の7.5W無線充電は独自仕様で対応機器以外では5W充電になる模様

iPhone X-20

Macお宝鑑定団Blogによりますと、CES2018のワイヤレスパワーコンソーシアムにてiPhone X/8/8 PlusのQiワイヤレス7.5W急速充電はAppleの独自仕様であることが判明したと伝えています。

Sponsored Links

対応機器でなければ出力関係なしに5W充電になる

同メディアによれば、Qi仕様書「Qi specification Ver1.2.3」には5W、8W、12W、15Wのコイル仕様しかなく、7.5Wの記載はないとのこと。

Qiワイヤレス充電のパターンは5W(5V/1A)、10W(9V/1.1A)、15W(14V/1.1A)があるとのことですが、これにiPhone X/8の7.5W対応が明記されていなければ出力に関わらず5W充電になる模様。

10Wや15Wのワイヤレス充電器を使用した際に早く充電できるのは高出力設計によりロスが少ないためとのこと。

現時点でiPhoneのワイヤレス7.5W急速充電の対応機器は「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」と「mophie wireless charging base」の2機種に限られるそうです。

iPhone X/8のワイヤレス充電はAppleにしては珍しく標準規格であるQi規格が採用されていますが、7.5W出力は独自仕様で対応製品のみに限られるようで、やはりその辺りはAppleらしいなと思いますね笑

これもAppleの戦略でしょうが、ユーザー側からすると標準的な規格で統一して欲しいところですね。

参考:Macお宝鑑定団Blog
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください