まるで純正 AirPodsの傷を防ぐシリコンカバーが普通に良い

AirPods case-8

先日第2世代AirPodsを購入したと同時にAirPods用ケースも購入してきたので、今回はその詳細レビューを行なっていこうと思います。

Sponsored Links

購入レビュー

AirPods case-1

購入したのはelagoというメーカーのAirPodsシリコンケースです。

AirPodsのケースも色々ありますが、留め金がついていないシンプルなこの製品を選びました。

AirPods case-2

こちらがAirPodsのシリコンケースです。

ケースの厚みはそこまであるわけでなく、程よく本体を守りつつデザイン性の良さも兼ね備えている印象です。

AirPods case-3

裏側はこのような感じです。

裏側ボタンの位置に凹みがあります。ちなみにこの位置は非ワイヤレスタイプなので、最新のワイヤレス充電ケースには対応していないようです。

AirPods case-5

AirPodsを収納するとこのようになります。

パッと見、AirPodsケースをそのままマットな質感にしたかのような雰囲気です。

手に持つとさらさらした触り心地がかなり良いです。質感もかなり高めです。

AirPods case-4

裏側はこうなります。

ぴったりボタンの位置に凹みが来てます。ボタン上にある控えめなelagoのロゴも好印象です。

AirPods case-7

底面のLightning端子部分にはかなり正確に穴が空いてます。

AirPods case-6

ヒンジ部分はしっかり曲がるように薄めのシリコンでつながってます。

この辺りはけっこうすき間があるのでゴミが入りこまないかやや心配ですが、ヒンジ周りは構造上仕方ないでしょう。

AirPods case-9

ケースを開くとケースなしより重厚感が増して、AirPodsケースがちょっと上品になったかのような錯覚になります。想像以上に質感高いですね。

ケースありでも純正品のような質感

今回このelagoのシリコンケースをつけてみて思ったのは、ケースありでも全然デザイン性を損なわないということ。

もともとのデザインが良いのかこのケースの質感が高いからなのかはわかりませんが、ケースありでもまるで純正のようなデザインで全く違和感を感じません。

iPhoneなどとは違ってあくまでAirPodsを持ち運ぶ充電ケースのためのケースなので、厚みもほとんど気にならず、AirPods充電ケースの傷を防いでくれるので、つけないよりはつけた方がマシなシリコンケースと言えるものと思いますね。

充電ケースの傷が気になる方は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください