【実機画像】5.4インチiPhone 12 miniと4/4.7インチiPhone SE/8の本体サイズ・画面大きさ・表示領域比較

今回は5.4インチiPhone 12 miniと4インチiPhone SE(第1世代)、4.7インチiPhone 8の実機を用いて本体サイズや画面の大きさ、表示領域などを並べて比較してみました。

なお、この比較はこれまでの4インチiPhone 5/5s、4.7インチiPhone 6/6s/7/SE2などの大きさ・画面スペックなどもおおよそ一致してるのでそれぞれのモデルの場合にも参考になります。

本体サイズ比較

左から4インチiPhone SE、5.4インチiPhone 12 mini、4.7インチiPhone 8(以下同様)

本体サイズを見てみますと、5.4インチiPhone 12 miniは4インチiPhoneと4.7インチiPhoneの中間サイズとなっていることがわかります。

本体サイズはそれぞれ

iPhone SE(第1世代):123.8×58.6×7.6mm

iPhone 12 mini:131.5×64.2×7.4mm

iPhone 8:138.7×67.3×7.3mm

となっています。

 

画面サイズ比較

画面サイズは5.4インチのiPhone 12 miniが最も大きく、端から端まで画面が表示されているのがわかるかと思います。

画面サイズは

iPhone SE(第1世代):4インチ/1136×640/326ppi/液晶

iPhone 12 mini:5.4インチ/2340×1080/476ppi/有機EL

iPhone 8:4.7インチ/1334×750/326ppi/液晶

となっています。

 

表示領域比較

Webページを開いたときに表示される領域を比較したものがこちら

見てみますと、圧倒的にiPhone 12 miniの表示領域が広く表示されているのがわかるかと思います。

表示領域(ポイント)は

iPhone SE(第1世代):568×320

iPhone 12 mini:780×360

iPhone 8:667×375

となっています。

表示領域とは実際にWebページなどが表示される範囲のことです。12 miniのスケーリング倍率は3倍、SE/8のスケーリング倍率は2倍なのでその数字で解像度のピクセル数を割った結果が表示領域となります。

解像度が高くても表示領域が狭いと、Webページなどが狭く表示されます。

 

総評

5.4インチiPhone 12 miniは4.7インチよりも広い画面サイズながら、4インチiPhoneに近いコンパクトさを実現していることがわかります。

可能な限り大画面ながらもコンパクトなスマホが欲しい人にとっては待望のスマホと言えるでしょう。

これらのモデルとiPhone 12 miniの本体サイズなどを比較したい方の参考になれば幸いです。

 

その他のレビューは以下の記事を参考にどうぞ

iPhone 12 mini ホワイトの購入・外観レビュー!iPhone 8のときより外箱が小さすぎる件
念願のiPhone 12 mini(ホワイト)がついに届いたので、今回は購入及び外観のレビューを行ってみました。
【実機画像】iPhone 12 mini ホワイトとiPhone SE(第1世代)シルバーの外観デザイン比較
iPhone 12 miniホワイトを購入したので、手持ちのiPhone SE(第1世代)シルバーの外観デザインの比較を行ってみました。
【実機検証】iPhone 12のディスプレイ、尿液晶ではないが従来より画質が悪いかもしれない
iPhone 12 miniを購入して手持ちの様々なApple製品と比較している最中にふと気づいたことがあります。 ...あれ?iPhone 12 miniのディスプレイって画質悪い? 今回はその詳細について語っ...
iPhone 12 mini、思ったより片手操作しにくい
iPhone 12 miniを購入してしばらく経ちましたが、使用してみて思ったのは想像していたより片手操作しにくいということです。 今回はその詳細について語っていこうと思います。

 

 

iPhone 12/mini/Pro/Maxのご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました