iPhone 12 mini ホワイトの購入・外観レビュー!iPhone 8のときより外箱が小さすぎる件

念願のiPhone 12 mini(ホワイト)がついに届いたので、今回は購入及び外観のレビューを行ってみました。

外箱の時点でかなりコンパクト

まず思ったのは外箱が圧倒的にコンパクトであるということです。

届いた時点で「ちっさっ!!」という感じでした。

厚さは指2本分。

スマホの化粧箱としてはありえないくらいにコンパクトです。

iPhone 8の外箱(右側)と比較したものがこちら

明らかにコンパクトになってますね。

斜めから見るといかに小さくなっているかがわかります。

 

開封・外観レビュー

箱を開けるとiPhone 12 miniが鎮座しています。

素晴らしく美しいです。

まるで宝石のような美しさですね。

初めてApple Watchを開封したときの感覚に似ています。

感動です。

iPhone 12 miniの下にはUSB-C – Lightningケーブルと説明書のみが入っています。

従来の電源アダプタや付属イヤホンなどを廃止したことでここまで箱を薄型化することができたわけです。多くのiPhoneユーザーは家に電源アダプタやイヤホンなどあふれかえっていることでしょうからこの判断は英断だと思います。

ディスプレイ側にはこれまでのプラスチック製ではなく、紙製のシートが貼られています。

これも箱同様に環境に配慮したものでしょう。さすがApple。

シートを外したものがこちら。

ディスプレイも美しいです。

側面のマットなアルミニウムと前面のブラックなガラスがとてもマッチした優れたデザインです。

iPhone 6から続いていた丸みのあるラウンド形状とは異なり、今回はiPad Proのようなフラットな側面エッジ仕様なので、より洗練されたデザインの良さを感じさせます。

試しに持ってみましたが、持った瞬間に「あ、これだ…」となるフィット感です。

このiPhoneを待ってました…

 

今回の購入・外観レビューは以上です。

今後はiPhone 12 miniと他iPhoneとの画質、サイズ、操作感比較などを行っていく予定です。

 

【実機画像】iPhone 12 mini ホワイトとiPhone SE(第1世代)シルバーの外観デザイン比較
iPhone 12 miniホワイトを購入したので、手持ちのiPhone SE(第1世代)シルバーの外観デザインの比較を行ってみました。
【実機画像】5.4インチiPhone 12 miniと4インチiPhone SEの本体サイズ・画面大きさ・表示領域比較
5.4インチiPhone 12 miniを購入したので、今回は手持ちの4インチiPhone SE(第1世代)と本体サイズや画面大きさ、表示領域などを中心に比較を行ってみました。
【実機画像】5.4インチiPhone 12 miniと4.7インチiPhone 8の本体サイズ・画面大きさ・表示領域比較
5.4インチiPhone 12 miniを購入したので、今回は4.7インチiPhone 8と本体サイズや画面大きさ、表示領域などを中心に比較を行ってみました。

 

iPhone 12/mini/Pro/Maxのご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました