iPhone 12 mini、案の定大好評!国内大手メディアによるレビュー一覧

本日よりiPhone 12 miniの先行レビューが解禁され、大手メディアによるレビュー記事が複数公開されました。

iPhone 12 mini国内レビュー

GIZMODO

iPhone 12 miniを触って感じた素晴らしさと、諦めるべきもの
不足と取るか、不要と取るか。編集部に届いたiPhone 12 miniは、何人もの人が手にとった途端「あ、コレだわ」と納得していった、フィット感最...

GIZMODOではiPhone 12 miniを大正解と評価しています。

スマホの画面が大きくなっても人類の手は大きくなっていないという意見には完全に同意です。iPhone 12 miniの5.4インチの画面についても表示そのものには大差ないとも評価しています。

【動画】iPhone 12 mini、優勝。やっぱり4モデルの中でいちばん使いやすい
まだ開封しただけですけどね。iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxがギズモード編集部に届きました。早速開封。動画でどうぞ...

レビュー動画も公開されています。

 

ITMedia

圧倒的魅力の12 mini、圧倒的スペックの12 Pro Maxが加わり悩ましくなった2020年のiPhone選び
ついにiPhone 12シリーズ全4モデルが出そろうときが来た。あらかじめ12と12 Proに触っていたが、12 miniと12 Pro Maxを新たに試用する中で、ますますモデル選びが悩ましくなったという林信行氏。悩んだ末に選んだモデルとは?

ITMediaではライターが「絶対にProモデル」と決めていたのにiPhone 12 miniを握りしめると「全てをこのiPhoneで済ませたい」という願望に切り替わったとのこと。

手のひらにフィットする大きさがとても魅力的だと伝えられており、1度あの軽さと小ささを体験してしまったら、iPhone 12 miniを選んでしまうのではないかと述べられています。

 

ASCII

好きな人は好きになるが、クセもあるiPhone 12 miniとPro Max 幅広く勧められるのは無印12か - 週刊アスキー
11月13日に発売されるiPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxを1週間弱、試用している。10月に発売されたiPhone 12とiPhone 12 Proを合わせて、計4台のiPhone 12シリーズを持ち歩いて、それぞれで仕事をして、あれこれ撮影して比べてみた。

ASCIIではクセがあると述べられているものの、6.5インチiPhone 11 Proから5.4インチiPhone 12 miniに切り替えてみても意外となんとかなり、ワイシャツの胸ポケットにしまえるコンパクトさから今まで以上に触りたくなると評価しています。

しかし、その一方でバッテリーについては減りが少々早いとしています(同メディアは特に述べていませんが、これはiOS 14自体の問題の可能性もあります)

 

案の定大好評

どのメディアでもiPhone 12 miniのサイズ感に関しては大好評という結果となっています。

共通しているのは「触る前」は別モデルも検討していたものの、「触った後」は軒並みそのサイズが心地良い、フィットするという評価に変わっているというものです。

個人的にはこれは4.7インチiPhone 6の購入時点で分かりきっていたことです。あのサイズですら自分には合わず、自分は4インチiPhone SEを使い続けてきましたが、今回4.7インチiPhoneよりも小型なiPhone 12 miniが登場したことで、再び小型モデルに注目が集まるだろうとは思っていました。

iPhone 6からiPhone SEに買い替えてみて思ったこと
iPhone 6からiPhone SEに買い替えて早2週間が経ちました。 iPhone 6は4.7インチで、iPhone SEは4.0インチと画面サイズが違い、性能もSEのほうがより高性能なA9チップや2GBメモリを搭載するな...

操作性を考えれば小型なスマホの方が使いやすいのに、スマホ業界は軒並み大画面化に向かっているので、このモデルを機に小型スマホが広がっていけばと思いますね。

 

参考:GIZMODOITMediaASCII
iPhone 12/mini/Pro/Maxのご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました