5.4インチiPhone 12 miniの画面サイズは4.7インチiPhone 8/SE2の縦長バージョンな件

2020年の新型iPhoneは5.4インチモデル(iPhone 12 miniとの噂)が出ると言われていますが、本体サイズ的に近いと言われる4.7インチiPhone 8/SE(第2世代)とはどれくらい差があるのか気になったので、比較検証してみました。

画面サイズのスペック

現時点で判明している画面サイズに関するスペックはそれぞれ以下の通りです。

iPhone 8/SE2 iPhone 12 mini(仮)
画面サイズ 4.7インチ 5.4インチ
アスペクト比 16:9 19.5:9
解像度 1334×750 2079×960
画素密度 326ppi 422ppi
画面高さ 104mm 125mm
画面幅 58.5mm 55.7mm

※iPhone 12 mini(5.4インチ)に関しては過去のリーク情報を元にしたものであり、実際とは異なる可能性があります

※画面高さ、画面幅は画面サイズやアスペクト比を元に計算したであり、実測値ではありません

 

画面サイズ比較

上記の計算結果のもと、画面サイズなどを比較したものがこちら


重ねた比較がこちらです

見てみますと、画面の横幅はほぼ同じでやや小さい程度ですが、画面の縦幅は5.4インチiPhoneの方が高くなっており、画面の大きさは実質4.7インチiPhoneの縦長バージョンとも言えるものとなっています。

これによりWebサイトなどを閲覧したときにiPhone 8/SE2より縦長に情報が表示されるものと思われます。

 

ちなみに5.4インチiPhoneの本体サイズはiPhone 8/SE2より小さくなると言われており、iPhone 12 miniという名前にふさわしい大きさになるものとみられています。

画面サイズは大きくなりつつ本体サイズはコンパクトになるため片手操作にこだわりたい人にとって最適とも言えるiPhoneになるかもしれません。

 

※5.4インチiPhoneについては全てリーク情報を元にしたものなので実製品がこの通りになるわけではない点はご了承ください

 

関連記事

5.4インチiPhone 12 miniの画面サイズは5.5インチiPhone 8 Plusよりはるかに小さい件
2020年の新型iPhoneは5.4インチモデル(iPhone 12 miniとの噂)が出ると言われていますが、インチ数的には近い5.5インチiPhone 8 Plusとはどれくらい差があるのか気になったので、比較検証してみました。
2020年5.4インチiPhoneの本体サイズ(仮)を現行モデルと比較してみた
2020年に発売されるiPhoneは6.7/6.1/5.4インチとなり現行の6.5/6.1/5.8インチより大型化、小型化されたラインナップになるという情報がApple関係のリーク情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏より公開さ...
iPhone 12 5.4インチモデルは片手操作に適しているのか分析してみた
2020年の新型iPhone 12(仮)の5.4インチモデルは非常に小型なモデルになると言われていますが、コンパクトなスマホが欲しい自分にとっては片手操作に適しているのかどうかが気になるところです。 そこで今回はこれまでの情報...

 

公式オンラインショップからのiPhone 12のご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました