2019年iPhoneの新デザイン候補登場!!1000万画素と1400万画素カメラ搭載でLightning端子は継続採用?

iPhone 2019 Concept-4

Apple製品のリーク情報に定評のある@OnLeak氏は、以前公開されたレンダリング画像とは別のプロトタイプデザインとされる2019年iPhoneのレンダリング画像を公開しました。

Sponsored Links

1000万画素と1400万画素カメラ搭載でLightning端子は継続?

iPhone 2019 Concept-5

情報によりますと、2019年iPhoneは背面に3眼カメラを搭載し、うち2つは1000万画素と1400万画素になるとのこと。もう一つの画素数は不明の模様。前面は1000万画素になり、顔認証用のTrueDepthカメラに変更が加えられると伝えています。

また、カメラ配置の変更により内部デザインが大幅に変更され、ロジックボードが従来のようにバッテリーの横ではなく、バッテリーの上に配置されるとしています。

端子は新型iPad Proにも搭載されたUSB-Cではなく、少なくとも今回確認されたプロトタイプではLightning端子を継続採用しているとのこと。ただし、あくまでEVT(技術検証試験)段階のものであり、今後変更される可能性も考えられます。

このレンダリング画像が今年のiPhoneに採用されるなら素晴らしいですね。

見た限りノッチも縮小しているし、カメラも以前公開されたレンダリング画像のような変な配置ではなく、だいぶカッコよくまとまっています。

2019年iPhone、正方形型のトリプルカメラ採用か?レンダリング画像流出
Digit Indiaは、2019年の新型iPhoneとされるレンダリング画像を公開しました。

気になるのはこのプロトタイプではLightning端子を継続採用しているとのことですが、個人的にはUSB-Cに変更して欲しいですね。どうせ遅かれ早かれUSB-Cに移行するのでしょうから、さっさとUSB-Cに統一してほしいです。

あとはロジックボードがバッテリーの上になるという情報ですが、この配置で気になるのは熱問題ですね。バッテリーは熱に弱いので最も熱を発するロジックボードに重ねても大丈夫なのかと心配ではあります。

しかし、このデザインが本当に採用されるのならそれだけでも欲しくなりますね。

参考:CampareRaja.in@OnLeak氏
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください