iOS 12のバッテリー管理機能がめちゃくちゃ便利になっている件

iOS 12-1

本日Appleが正式にiOS12の配信を開始しましたが、新たにアップデートされたバッテリー管理機能がめちゃくちゃ便利になっていたので紹介します。

Sponsored Links

アプリの使用時間帯、消費電力の割合など見れるように

iOS 12-1

新たにアップデートされたバッテリー管理機能ではこれまでよりも格段にバッテリーの消費量が見やすく、より詳細な電力消費に関する情報が見れるようになっています。

iOS 12-2

グラフの下にはアプリごとのバッテリー使用状況が確認でき、何分間そのアプリを使ったか(アクティビティ)やバッテリー消費のうちどのアプリがどれくらいの割合で電力消費したか(バッテリーの使用状況)などを見ることができます。

iOS 12-3

さらにアクティビティの時間の部分をタッチすると、時間帯ごとのバッテリー使用状況も確認することができるので、どの時間にどのアプリのバッテリー消費量が多かったかなどを確認することができます。

また、画面をオンにしていた時間と画面をオフにしていた時間の消費電力も確認できるので、普段目にすることはない画面オフのときにバックグラウンドで動くアプリの消費電力なども見ることができるようになっています。

このアップデートにより、今までよりはるかにバッテリー管理がしやすくなると思います。

例えば今まで「なぜか知らないけど、バッテリー消費が激しい」といった場合に具体的にどのアプリがバッテリー消費が激しいのかを確認することができ、そのアプリの設定を変更したり、削除したりすることでバッテリー持ちを長くする

といったことが可能になるわけです。

この機能はiPhoneのバッテリー持ちに悩む人には重宝しそうな気がします。

なお、バッテリー管理機能は「設定」→「バッテリー」から確認することができます。

※9/23追記

↓バッテリー管理機能が予期せず活躍しました^^;

iOS 12にしたらiPhone SEのバッテリーが急激に減るようになった話
先日配信が開始されたiOS 12ですが、手持ちのiPhone SEにインストールしてみたところ突然バッテリーが急激に減るようになりま...

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください