新型iMacは未発表のCore i9とRadeon Pro搭載か?ベンチマークが流出

iMac2020Leak-1

Tom’s Hardwareによりますと、@_rogame氏が公開した新型iMacとされるベンチマークより未発表のCPU、GPUが採用されていることを報じています。

Sponsored Links

未発表のCore i9、Radeon Pro採用か?

流出したベンチマークスコアを見てみますと、CPUが「Intel Core i9-10910」、GPUが「AMD Radeon Pro 5300」となっていることが確認できます。

「Core i9-10910」は未発表のCPUで、すでに発表済みの「Core i9-10900K」や「Core i9-10900」と何かしらの関連性があることが予想されます。前者は125Wで、後者は65Wであり、現行iMacのCore i9モデルが95Wであることを考えますと、今回のCPUも95Wになるのではと推測されています。これはおそらくIntelがApple独自に提供するカスタムCPUだとしています。

「Radeon Pro 5300」も未発表のGPUですが、こちらはおそらくノートPC向けに提供されているRadeon Pro 5300Mのデスクトップバージョンだとしています。

最近の情報によれば、Appleは7〜9月ごろにIntelベースの新型iMacが発表され、10〜12月にARMベースの新設計iMacが発表されると言われています。

今後のARM搭載Macに関する詳細情報がリーク!Intel製より50〜100%性能向上か
MacRumorsや9to5Macによりますと、Apple関係のリーク情報の正確性に定評のあるMing-Chi Kuo氏からの情報として...

今回流出したベンチマークはIntelベースのものなので、おそらく近いうちに発表されるものだと思われます。

今年はARMベースへの移行が発表されていますので、どちらを購入すべきか悩ましいところではありますが、AppleはIntelベースのMac製品は今後もサポートしていくと述べており、少なくともIntelベースMacを購入してすぐにサポート対象外になるということはなさそうです。

参考:Tom’s Hardware
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください