Apple、WWDC 2018を6月4〜8日に開催か?iOSアプリが動作するmacOSなどの発表に期待

WWDC-1

MacRumorsによりますと、今年の世界開発者会議「WWDC」をカリフォルニア州サンノゼのMcEnery Convention Centerにて6月4日(月)〜8日(金)に開催されるだろうと伝えています。

Sponsored Links

iOSアプリが動作するmacOSの発表に期待!

McEnery Cenvention CenterはWWDC 2017が開催された会場ですが、信頼できる情報源からの話によれば今年も同じ場所で開催されるとのこと。

同施設は6月の第2〜4週に他のイベントが予約されているとのことで、WWDCが開催されるとすれば第1週しか空いていない模様。そのため開催日が6月4〜8日になると予想されている模様。

WWDCでは基本的にiOS、macOS、tvOS、watchOSの次期バージョンが公開されるイベントとなっていますが、ハードウェアも発表されることがあり、去年はiPad Pro 10.5やiMac Pro、HomePodの発表、iMac、MacBookのアップデートなどが行われました。

今年はiOSアプリが動作するmacOSが発表されると言われており、同機能の発表が注目されています。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください