iPhone 12 Proでも画面が黄ばむ”尿液晶”が確認?画質に詳しい人間からすると原因は明らか

RedditにてiPhone 12 ProとiPhone 11 Proの画面を比較した際にiPhone 12 Proの方が画面が黄ばんで見えるという報告があったことが判明しました。

iPhone 12の画面が黄色い?

Redditにて投稿された画像がこちら

左がiPhone 12 Pro、右がiPhone 11 Pro

投稿者によれば、環境色によって色を変えるTrueToneや夜間のブルーライトを軽減するNight Shiftモードはオフにしているとのこと。

見てみますと、確かに左のiPhone 12 Proの方が黄色く見えます

 

原因は明らか

iPhoneはわりと前から画面が黄色く見えるといういわゆる”尿液晶”が報告されています。

“尿液晶”という名称は日本特有のものですが、海外でも気になる人はいるようで同様のことが報告されています(今回は海外が情報元)

毎年恒例な気もしますが、一体この”尿液晶”の原因は何なんのでしょう?

 

黄色く見える原因は?

画質にそこそこ詳しい人間からするとこの原因は明らかです。

根本的な原因は両モデルの「色温度」が異なることでしょう。

画像参考:EIZO

色温度とは何かと言いますと、光の色を客観的に表すのに用いられる指標のことです。単位はK(ケルビン)で、低いほど赤く、高いほど青く見えます。日中の太陽光が5000〜5500K、朝日や夕日が2000〜3000Kとなっています。

ディスプレイにおいてもこの色温度というものがとても重要となっており、国際的な映像規格などでは6500K、出版・印刷業界では5000Kと定められています。

左から5000K、6500K、9300K(画像参考:EIZO

画像を見てみますと色温度が低いものほど赤み・黄色みがかって見え、高いものほど青みがかって見えることがわかります。ただし、この写真は色温度を6500Kに設定したカメラで撮影しているため設定を変えればまた異なる色合いとなります。

国際的な映像規格の多くでは6500Kだと定められているためスマートフォンやパソコンなどのディスプレイは6500Kに設定されているものが理想的です。

 

色に慣れる色順応も原因

色温度に関してもう一つ知っておけなければならないこととして、人間の色順応という性質があることです。

例えば5000Kの設定で白い画面を見続けた後に6500Kの白画面を見ると、青みがかった白に見えます。逆もしかりで、9300Kの白画面を見続けた後に6500Kの白画面を見ると、今度は白が黄色く赤みがかって見えます。しかし、どちらの場合でもしばらく時間が経つと目が慣れて、普通の白色のように見えてきます。

これが人間の色順応というものです。

 

これはスマートフォンでも同じことが言え、例えば前に使っていたスマートフォンが6700Kだったとして、新しいスマホが6500Kだった場合、新しい方が黄色く見えてしまうわけです。

規格としては6500Kの正しい色を表示しているはずなのに、前に使っていたスマホの色に慣れてしまったから黄色く見えてしまう現象が起こるわけです。

ちなみに日本の映像作品などは慣習的に9300Kで作られることが多いようで、世界標準の6500Kと比べてかなり青いです。iPhoneが日本で発売された当初から画面が黄色い”尿液晶”だと騒がれている原因は日本人が9300Kの青すぎる画面に慣れてしまったことにあるでしょう。

 

どちらの方が正しい色表示?

以上を踏まえた上でもう一度先ほどの画像を見てみます。

どちらが業界標準の6500Kだと思いますか?

 

結論を言いますと、分かりません笑

そもそも画像経由なので、撮った側のカメラの色温度設定にもよりますし、今この画面を映しているディスプレイの色設定にもよります。というか人間の目では正確に色温度を判断することには限界があります。熟練した人であっても専用の色測定機材を使います。

 

つまり、今回の”尿液晶”問題はどうなのかと言いますと、専用の色測定機材を使わないとどちらが正しい色表示なのか分からないということです。

もしかするとiPhone 11 Proの方が色が正確なのかもしれませんし、12の方が正しい色を表示している可能性もあります。この辺りは専門家の評価待ちです。

しかし、iPhoneは常に業界トップクラスの色精度・画質であり、毎年改善されていることが専門機関によって確認されていますので、iPhone 12/12 Proも例に漏れず、業界トップクラスの画質である可能性は高いように思われます。

 

※2020/11/14追記

購入したiPhone 12 mini実機で色を比較してみた結果、画質が悪化している可能性があることが確認されました↓

【実機検証】iPhone 12のディスプレイ、尿液晶ではないが従来より画質が悪いかもしれない
iPhone 12 miniを購入して手持ちの様々なApple製品と比較している最中にふと気づいたことがあります。 ...あれ?iPhone 12 miniのディスプレイって画質悪い? 今回はその詳細について語っ...

 

※2020/11/17追記

専門機関にてiPhone 12 Pro Maxの厳密な色測定結果が公開されました↓

iPhone 12 Pro Maxのディスプレイ、専門機関にて「最高画質」との評価 尿液晶の原因も判明
ディスプレイを専門に取り扱うDiplayMateによりますと、iPhone 12 Pro Maxのディスプレイは同メディア基準で最高クラスの画質を表す「A+」の評価であることが判明しました。

 

参考:RedditEIZO
iPhone 12/mini/Pro/Maxのご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました