Razer、スマホがタッチパッドになりノートPCとして使える「Project Linda」を発表!

Project Linda-1

RazerはCES 2018にて、スマートフォンをノートPCのタッチパッド部分にはめ、そのままノートPCとして使うことができるコンセプトモデル「Project Linda」を発表しました。

Sponsored Links

ノートPC新時代到来の予感

Project Linda-2

このモデルは同社のスマートフォン「Razer Phone」をノートPCのタッチパッド部分にはめ、右上のボタンを押すと自動で出てくるUSB-Cと接続することで、そのままノートPCのように扱うことができるというコンセプトモデルとなっています。

Razer Phone搭載のSnapdragon 835を利用し、Androidとして動作するためノートPCのようにと言っても使えるのはAndroidアプリのみのようですが、マルチウィンドウ対応で複数のAndroidアプリを表示することが可能となっています。

Project Linda-3

ノートPC側は2560×1440ピクセルのディスプレイに53.6Whの大容量バッテリー、200GBストレージやUSB-A、USB-Cポートなどが搭載されており、Razer Phoneを充電しながら使えるほか、マウスなどの各種アクセサリにも対応しています。

スマホ部分はタッチパッドとして使えるほか、セカンドスクリーンにもなり、ゲームプレイ時などの補助的な画面としても利用できます。

重さはRazer Phoneを装着している状態で約1.36kgとのことで一般的なノートPC並の重さとなっています。

これは新時代の到来を感じさせる画期的な製品のように思えます。

スマートフォンの性能が向上し、Androidもマルチウィンドウに対応した今だからこそ実現できる製品ですね。

今回はAndroidで動くモデルとなっていますが、最近登場したARM版Windows 10が搭載されれば、同じようなコンセプトでWindows 10が動く製品の登場も考えられます。

これはノートPCの形というのがまた大きく変わりそうな予感ですね。

今後の展開に期待大です^_^

参考:Cnet JapanRazer
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。