28WのSkylake世代CPU搭載の13.3型ノートPC「VAIO Z」が登場!180g軽量化されたクラムシェルモデルが追加!

VAIO Z-10

VAIOはSkylake世代CPUを搭載した13.3インチノートPC「VAIO Z フリップモデル/クラムシェルモデル」を発表しました。

Sponsored Links

180g軽量化したクラムシェルモデルが登場!

VAIO Z-11

今回発表された「VAIO Z」の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Windows 10/7
  • CPU:Core i7-6567U (3.3GHz/28W) / Core i5-6257U (2.9GHz/28W)
  • メモリ:4/8/16GB
  • SSD:128/256/512GB PCI-Express x4
  • ディスプレイ:13.3インチ、1920×1080/2560×1400ピクセル
  • インターフェイス:USB 3.0×2、HDMI、ステレオミニ端子、SDXC(256GB対応)カードスロット
  • 無線通信:Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
  • フロントカメラ:92万画素
  • リアカメラ(フリップのみ):799万画素
  • 本体サイズ:324.2×215.3×15.0〜16.8mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量:フリップ 1.35kg、クラムシェル 1.17kg
  • バッテリ駆動時間(JEITA ver2.0):フリップ 約19時間、クラムシェル 約27時間

今回発表されたVAIO Zの新モデルには新たに180g軽量化され、バッテリー駆動時間が大幅に伸びたクラムシェルモデルが追加されています。

今回も性能に妥協はなく、13インチながら28WでSkylake世代の高性能CPUを搭載しています。性能はSkylake世代の15WのCPU比で、CPU性能が約30%、GPU性能が約50%高くなっているとのことです。

それでいてバッテリー駆動時間はフリップモデルで約19時間クラムシェルモデルで約27時間とどちらもかなり長めとなっています。

その他静音性にこだわったキーボードsRGB100%カバーの高品質ディスプレイ雲母片岩を用いたたわみのないタッチパッドPCI-Express x4の超高速SSD搭載大音量かつ高音質スピーカー搭載など徹底的に品質にこだわったVAIO Zは健在です。

価格はオンラインのソニーストアクラムシェルモデルが156,800円〜フリップモデルが199,800円〜(いずれも税別)となっています。

発売は2月26日からとなっています。

今回新たにより軽量なクラムシェルモデルが登場したことにより、VAIO Zの携帯性がより高まりました。おそらく28WのCPUを搭載し、これほどまでの軽量化かつバッテリーの長時間駆動を実現しているのはVAIO Zくらいでしょう。

これぞ日本の技術の結晶といった製品ですね。

参考:PCWatchVAIO
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。