Apple、薄型化可能で打鍵感を変更でき、キーの誤入力も防ぐ画期的なキーボードの特許取得!

force-keyboard-1

Patently Appleによれば、Appleは機械的な機構のなしでキーの打鍵感を再現するキーボードの特許を取得したことが判明しました。

Sponsored Links

薄型化、打鍵感変更、誤入力防止可能なキーボード

force-keyboard-2

情報によりますと、このキーボードでは近接センサーでキー入力を検知し、触覚的フィードバックを用いることでキーの打鍵感を再現、変更可能としている模様。

近接センサーと触覚的フィードバック機構は分離されており、これまで物理的に難しかったキーボードのさらなる薄型化が可能となっています。

また、アプリケーションごとに触覚的フィードバックの強さを変更することで、打鍵感を変更することが可能であるとのことで、Wordなどでの文字入力時やゲームでのキー入力時など、使うアプリの種類によって好みにキーの打鍵感を調整できるようです。

この他にもファンクションキーのみ強めに押すよう設定することで、誤ってファンクションキーを押してしまうのを防ぐことも可能であるようです。

今回の特許ではキーボードの触覚的フィードバック機構への変更により、薄型化、打鍵感の変更、キーの誤入力の防止などが可能になるとのことで、メリットしか感じられない素晴らしいものとなっています。

Appleは2018年MacBookに向けてキー表示を自在に変更可能なE InKキーボードを開発中との噂もあり、同時にこの特許のキーボードも搭載されることも期待できそうです。

これにより、MacBookのさらなる薄型化とキーボードの大幅な利便性の向上に期待できるでしょう。

これは楽しみですね^_^

参考:iPhone ManiaPatently Apple
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>