iPhone 6からiPhone SEに買い替えてみて思ったこと

iPhone SE&6-1

iPhone 6からiPhone SEに買い替えて早2週間が経ちました。

iPhone 6は4.7インチで、iPhone SEは4.0インチと画面サイズが違い、性能もSEのほうがより高性能なA9チップや2GBメモリを搭載するなどの違いがあります。

そこで今回は実際にiPhone 6からiPhone SEに買い替えてみて思ったことについてまとめてみました。

Sponsored Links

片手操作がしやすい

iPhone SE最大のメリットは片手操作がしやすいことでしょう。

このためにiPhone SEに買い替えたようなものですから笑

4.7インチのiPhoneは片手での操作はギリギリできないことはありませんでしたが、画面左上のボタンなどは少し無理して指を動かすか左手で押さないと正直厳しいです。

しかもこのとき無理に指を動かそうとするとiPhone 6を落としそうになります^^;

このときに左手が空いているなら左手を使うのですが、荷物などで左手がふさがっているときにどうしても操作したいときなどは多少無理して片手で操作する必要があります。

このようなわずらわしいことはなるべく避けたかったので、4インチのiPhone SEを購入したのですが、その操作性は段違いです。

びっくりするほど快適に片手操作ができるようになりました。

もうこれだけでもiPhone SEに買い替えた価値がありますね^_^

文字入力がかなり快適に

4インチ画面のメリットがもう一つ。

それは文字入力がかなり快適になったということです。

自分はもともと4インチのiPhone 5から4.7インチのiPhone 6に買い替えたのですが、iPhone 6では5のときより明らかに文字入力をミスすることが多くなりました。

最初は慣れの問題かと思っていましたが、しばらく時間が使い込んでもやはり時々ミスすることがあり、自分はどうしても慣れませんでした。

それが4インチのiPhone SEに替えてからは自分の文字入力のスキルが上達したかと錯覚するほど文字入力が快適にできるようになりました。

ちなみにiPhoneはもともとは快適な片手操作を実現するために最適な3.5インチの画面サイズを想定して設計されていて、初代〜4Sまでの4年間画面サイズを変えていませんでしたが、5〜5sで横幅を変えずに縦に長くした4インチになり、6〜6sで需要のために4.7インチ、5.5インチと画面サイズを大きくしていった歴史があります。

つまり3.5インチから横幅が変わっていない4インチというサイズはもともと快適に片手操作ができるように設計されていたもので、片手操作を考えずにただ画面を大きくしたiPhone 6/6sと文字入力の快適さが違うのは当然とも言えます。

画面の小ささは気にならない

iPhone SE最大のデメリットはやはり画面の小ささでしょう。

iPhone SEの4インチというサイズは片手操作が快適な代わりに4.7インチのiPhone 6よりも明らかに画面が小さいです。

たしかに画面は大きい方が迫力がありますし、見やすいです。

しかし、実際4インチでも十分な大きさだと個人的には思います。

高精細なので、文字が潰れることもありませんし、むしろもともと4インチ対応だったアプリを見たときの高精細感は4.7インチのiPhone 6以上です。

動画も写真なども普通に見れますし、大画面がほしいのならiPad mini4があるので、それで十分代用できます。

iPad mini4の開封の儀&外観レビュー
今まで使っていたiPad Airから買い替え、待望のiPad mini4を手に入れたので、個人的にやっておきたかった開封の儀と外観のレビュー...

性能の違いはあまり体感できず

iPhone SEはA9チップに2GBメモリなど、iPhone 6のA8チップ、1GBメモリよりも大きく向上していますが、個人的にその性能の違いはあまり体感できませんでした。

iPhone 6やSEなどのベンチマーク比較では、かなり大きな性能差があったようですが、高負荷なゲームなどをしないためかその性能差を実感できず^^;

普通の作業をこなす分にはiPhone 6もSEも十分快適に動作していたので、この辺りの違いを体感するのは高負荷な作業やゲームを行うユーザーに限られるでしょう。

iPhone SE/6/5のCPU、GPU性能を比較してみた
先日購入したiPhone SEですが、iPhone SEの大きな特徴としてiPhone 6sと同じA9チップを搭載していることがあり...

背面カメラの画質はかなりいい

iPhone SEの背面カメラは6sと同じ1200万画素となりましたが、6の800万画素と比べて明らかに高精細になっています。

自分は外出先や製品レビューなどで、なにかと写真を撮ることが多いのですが、この背面カメラの画質向上はかなり嬉しいところですね。

これからますます写真を撮るのが捗りそうです^_^

iPhone SE/6/5の背面、前面カメラの画質を比較してみた
先日購入したiPhone SEですが、背面には6sと同じ1200万画素を搭載しているとのことで、どれほどの画質を実現しているのか また...

バッテリー持ちは長い?

iPhone SEはバッテリー持ちがiPhone史上最大とのことですが、たしかにバッテリー持ちは長い気がします

ただ、iPhone 6でも十分バッテリー持ちがよく、頻繁にiPhoneの充電を行うためかあまりその長さを意識することはありませんでした。

逆に言えば、それだけバッテリーの残量を意識しないレベルにまでバッテリーが持っているとも言えるのかもしれません笑

まとめ

iPhone 6からiPhone SEに買い替えてみて感じた大きな違いはやはり片手操作の快適さですね。特に文字入力の快適さが最高です。

性能に関しては6以降のiPhoneを使用している人はあまり体感できるものではないかもしれません。

カメラ性能やバッテリー持ちなどに関しても良好で、わりと便利なTouch ID(指紋認証)を搭載しているので機能性も十分でしょう。

結論として言えるのは、iPhone SEは

iPhone 6以降のユーザーで片手操作をより快適にしたいと思っている人

または

iPhone 5以前のユーザーで4インチのまま性能やバッテリー持ち、カメラなどが向上したモデルがほしいという人

におすすめの製品と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>