HomePodのSiriは52.3%しか望む回答が得られない!?AIテスト結果から判明

HomePod-7

Loup VenturesがHomePodのSiriで行ったAIテストによれば、正当な回答が得られたのは52.3%しかなかったという結果になったことが判明しました。

Sponsored Links

半分の確率でしか望む回答が得られない?

このテストは、3つの別個のHomePodに782の質問をするという内容で、99.4%の確率で質問を理解するものの、52.3%しか正当な回答が得られなかったとのことです。

HomePod AItest-1

競合他社のスマートスピーカーではGoogle Homeが81%、Amazon Echoが64%、Harman Kardon Invoke(Cortana)が57%とのこと。

ただ、近所のカフェを検索したり、新しい靴を購入の補助をしたりするような「ローカル」、「コマース」のジャンルではHomePodは比較的良い正答率となっています。

正答な回答が半分ほどしか得られなかった理由としてHomePodのSiriではカレンダー、電子メール、通話、ナビゲーションなどの機能に対応していないためで、今後のアップデートで同機能が追加されれば他のスマートスピーカーを圧倒する可能性はあるとのこと。

ここで言う正答率とは質問に対して望む回答が得られた確率のようで、質問自体はしっかり認識されるようです。しかも音楽を流しながらでも認識できたとのことで、音声認識自体はかなり高度なようです。

すでに発売されている海外でのレビューを見る限り、HomePodはスマートスピーカーとしては評判がイマイチなようですが、スピーカーとしてはかなり評判が高く、その音質には満足している人も多いようです。

上記のカレンダーやメールなどでの音声入力機能が実装されていない問題もアップデートで対応できることでしょうからその辺りはApple次第といった感じでしょう。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください