2021年iPhone 13はアナモフィックレンズ搭載、4眼+LiDARに?プロトタイプらしきデザイン流出

iPhone2021Leak-1

@choco_bit氏は、2021年に登場するものと思われるiPhone 13のデザインやカメラなどに関する情報を公開しています。

Sponsored Links

iPhone 13は4眼+LiDARセンサー搭載か

同氏はiPhone 13初期(プロトタイプ?)のデザインを公開しています。このデザインはあくまで初期のものであり、最終デザインとは全く関係のないものとなる可能性があるとのこと。

現時点で”噂されている”iPhone 13のカメラ機能として

  • ワイド6400万画素カメラ(光学1倍、デジタル6倍ズーム)
  • 望遠4000万画素カメラ(光学3〜5倍、デジタル15〜20倍ズーム)
  • 超広角4000万画素カメラ(光学0.25倍)
  • アナモフィック6400万画素カメラ(アスペクト比2.1:1)
  • LiDAR 4.0

が搭載と述べています。

アナモフィックレンズとは映画向けのシネマスコープ映像撮影時に用いられるレンズのことで、撮影した画素を無駄にせずにシネマスコープのような横長の映像(2.39:1)が撮影可能になるのが特徴です。

今回の情報に関しては@choco_bit氏はあまり確証を得ていないようで、あくまで噂程度にとらえておいた方が良いでしょう。

参考:Twitter
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください