Apple独自プロセッサ搭載の新型MacBook、早ければ2020年末にも発売か

MacBook 12-1

MacRumorsによりますと、リーク情報に定評のあるMing-chi Kuo氏からの情報としてAppleが独自のカスタムプロセッサを搭載した新型MacBookを2020年第4四半期(10〜12月)〜2021年第1四半期(1〜3月)に発売予定だと伝えています。

Sponsored Links

ARMチップ搭載MacBookか?

同氏はこれ以上の情報は共有していないとのことですが、以前からAppleがMac向けにARMベースのプロセッサを開発中との情報もあり、このカスタムプロセッサというのもARMベースになる可能性があります。

AppleはiPhone、iPadのプロセッサにはARMベースのチップを採用しており、すでにそちらの性能は15インチMacBook Proに匹敵するとも言われています。

それとは別に現行Mac製品のプロセッサの供給元であるIntelはプロセスルールの縮小によりCPUの製造難度が上昇していることから度々延期を繰り返しており、それがMacの新製品のリリーススケジュールにも大きく影響していました。

Appleが独自開発したプロセッサであれば、他社の開発スケジュールに依存することなく、省電力かつ大幅な性能向上も期待できます。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください