6.1インチiPhone 12/12 Proの解像度・表示領域を過去モデルと比較してみた

6.1インチのiPhone 12/12 Proが発売されましたが、同じ6.1インチのiPhone 11と比較して表示領域が小さいことが判明しています。

【実機画像】iPhone 12よりiPhone 11の方が表示領域が広い?解像度からは分からない細かい違い
6.1インチiPhone 12と同じ6.1インチiPhone 11の実機を比較してきたのですが、実機を見比べてみるとWebページなどの表示領域に違いがあることが分かりました。 今回はその詳細について語っていこうと思います。

今回は過去モデルを含め、iPhone 12/12 Proの解像度・表示領域を比較してみました。

iPhone 12の解像度と表示領域

iPhone 12と12 Proのディスプレイは画面サイズ、解像度ともに同じです。違いは標準時の最大輝度のみです

解像度は2532×1170ですが、スケーリング倍率は3倍なので

実際の表示領域は844×390となります。

Webページなどを表示する際は解像度ではなく、実際の表示領域に基づくため、実機比較では解像度が低いiPhone 11よりも表示範囲が狭い結果となっていました。

 

過去モデルとの比較

過去モデルとiPhone 12/12 Proの表示領域を過去モデルと比較したものがこちらです。


赤線がiPhone 12/12 Pro

参考までに背景にAppleマップを表示しています。

見てみますと、6.1インチのiPhone 12/12 Proは

6.1〜6.5インチのiPhone XR/XS Max/11/11 Pro Maxより小さく

5.8インチiPhone X/XS/11 Proより若干大きい

という結果となっていることがわかります。

 

本体サイズに関しては5.8インチiPhone X/XS/11 Proと同等なので、それらの機種からiPhone 12に買い換える場合は本体サイズはそのままに表示領域を若干広げることができます。

しかし、画面サイズが同じ6.1インチiPhone XR/11からiPhone 12に買い換える場合は表示領域は逆に狭くなるので注意です。

これらのモデルを使用している方で買い換える場合はその点ご注意を。

 

iPhone 12/mini/Pro/Maxのご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました