やっぱりiPhone 12はMagSafeで傷つくかも…Appleがレザーケースに磁石跡がつくことなど認める

以前に磁石でくっつくMagSafeを使えば本体などに磁石跡がつく可能性があることを記事にしましたが、Appleはサポートドキュメントにて少なくともレザーケースにおいて磁石跡がつくことを認めていることが判明しました。

MagSafe充電時はゴミの除去など推奨

サポートドキュメントによれば、MagSafe充電時は本体と充電器の間に物や何らかの破片などがないか確認した上で行ってくださいとのこと。また、背面にくっつくカードなど入れられるレザーウォレットもつけたまま充電はできないようです。

ドキュメントの最後には「MagSafe充電時にiPhoneをレザーケースに入れていると接点から円形に痕跡が残る可能性がある」と述べられています。

MacRumorsによれば、レザーケースはまだ発売されていないため確認していないものの、シリコンケースにおいても円形の跡が残る(上画像)ことが伝えられており、レザーケースに限らず他のケースでも跡が残ることが考えられます。

 

個人的にも過去の経験からApple製品の磁石でくっつく系のものはたいていくっつく部分が傷つきやすいことが分かっているので、iPhone 12のMagSafeも決して例外ではないでしょう。

iPhone 12にMagSafeを使いたいならカバーは必須!?見落としがちな磁石の欠点
iPhone 12シリーズでは新たに背面に磁石でくっついて充電することな「MagSafe」充電機能が搭載されました。 従来のワイヤレス充電とは異なり、磁石で適切な位置にピッタリくっつくことで効率良く充電できるほか、より手軽かつ...

もしiPhone 12の背面をキレイに保っておきたいなら、背面保護フィルムかケースは必須だと思われます。

 

参考:MacRumors
iPhone 12/mini/Pro/Maxのご購入はこちら
▶︎ au / ドコモ / ソフトバンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました