新型iPhone SEすごく良いけどコレじゃない感 本命はiPhone 12 5.4インチな理由

iPhone SE 2020-5

ついに待望のiPhone SE後継モデルが正式発表されました。

しかし、ネットの一部ではこのモデルに対し失望の声も…

かく言う自分もコレじゃない感を感じていました。

今回はその詳細について語っていこうと思います。

Sponsored Links

たぶん今年最高に売れる、でもコレじゃない

iPhone SE 2020-4

今回発表されたiPhone SE(2nd Generation)は一言で言えば「iPhone 11 Proと同性能のiPhone 8」です。

どういうことかと言いますと、iPhone 8をベースとしたデザイン、仕様ながらもプロセッサはiPhone 11 Proと同じA13チップを搭載し、価格は44,800円(税別)に抑えた高コスパモデルです。

iPhone 11 Proが106,800円(税別)であることを考えますといかに価格が抑えられているかがわかることかと思います。もちろんカメラの数、顔認証、本体の素材などの違いはありますが、基本的にはiPhone 11 Proと同等性能に扱えるということになります。

おそらくこのiPhone SEは今年最高に売れるスマートフォンなのではと思われます。

しかし、それでも個人的にはコレじゃない感がありました。

4インチではなく4.7インチに

iPhone SE 2020-3

新型iPhoneは画面サイズが4.7インチになりました。

旧iPhone SEは4.0インチだったので0.7インチ分大型化されたことになります。旧iPhone SEは低価格さの他に片手で扱えるサイズ感ということも評価されていました。片手で操作できるサイズ感というのは意外と使い勝手が良いです。この魅力があるから自分は今でも旧iPhone SEを使い続けているわけです。

しかし、新型iPhoneでは一つの売りでもあったコンパクト感という魅力がなくなってしまったのです(それでも現行iPhoneのラインナップの中では小さい方ですが)

これはだいぶ前から噂されていたことですが、個人的には旧iPhone SEのサイズ感が気に入っていたのでこの大型化は残念感がありました。

iPhone 12 5.4インチモデルに期待!

唯一コンパクトさを維持していたiPhone SEまでも大型化し、もうiPhone大型化路線はさけられないかと思いきや、実は今年小型なiPhoneが登場するという噂があります。

それがiPhone 12(仮) 5.4インチモデルです。

あれ?新型iPhone SEが4.7インチだからiPhone 12 5.4インチってもっと大きくなるんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はむしろ新型iPhone SEより小型になる可能性が高いです。

実際に計算し、比較したものがこちら

iPhone 2020 5.4 Size-5

iPhone 8は新型iPhone SEと同等サイズ

なぜiPhone 12 5.4インチがこのサイズになるのか、以下の記事にて具体的に計算しています。

2020年5.4インチiPhoneの本体サイズ(仮)を現行モデルと比較してみた
2020年に発売されるiPhoneは6.7/6.1/5.4インチとなり現行の6.5/6.1/5.8インチより大型化、小型化されたライ...

この結果通りであれば、今年9月にも発表が期待されるiPhone 12 5.4インチモデルはiPhone 8(新SE)よりも小さいサイズ感になることになります。

そのため個人的な本命はiPhone 12 5.4インチなのです。

新型iPhone SEは十分魅力的な端末で、おそらく買って損をすることはないと思いますが、コンパクトさを重視したい人はiPhone 12発売まで待つのもありかと思われます。

※iPhone 12 5.4インチのサイズはあくまでこれまでの噂と個人的な計算結果に基づくものなので、実際に発表される製品がこのサイズになるという保証はないことはご了承下さい

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください