今年3月発表と噂のiPhone SE 2、iPhone 9の正式名称は「iPhone」になる?

iPhone9 Concept−3

FRONT PAGE TECHによりますと、iPhone SE 2やiPhone 9と呼ばれるデバイスの正式名称は「iPhone」のみになると伝えられています。

Sponsored Links

エントリークラスの立ち位置に

これまで今年3月の発売が噂されるiPhoneは「iPhone SE 2」、「iPhone 9」という名称で呼ばれていましたが、同メディアによればこのデバイスの名称はただの「iPhone」になるとのこと。

これはiPadシリーズにおけるエントリークラスの「iPad」と同じような流れで、この「iPhone」も同様にエントリークラス、低価格モデルの位置付けになる模様。

また、同メディアは価格とストレージ容量についての情報も公開しており、64GBモデルが399ドル、128GBモデルが450ドルになると述べています。

これまで次期iPhone SEとされるデバイスの名称「iPhone SE 2」と「iPhone 9」に関してはこういう名称になるという根拠はなく、ただの憶測にすぎませんでした。

今回の「iPhone」という名称はこれまでにない情報ですが、「iPhone SE 2」は名称としてはシンプルではありませんし、「iPhone 9」だとこの次のモデルは「iPhone 9s」になるかもしれませんが、さらにその次のモデルが登場したときに10(X)はもう使われているので先につなげられないという問題があります(すでに次期モデルを計画中との情報もあります)

側面の電源ボタンに指紋認証を搭載した「iPhone SE 2 Plus」が2021年前半にも発表か
MacRumorsによりますと、Ming-Chi Kuo氏からの情報としてAppleが2021年前半に側面の電源ボタンにTouch ID...

そう考えますと今回の名称は確かに妥当な気がします。

ただ、今回の情報は他メディアでは報じられておらず、情報元が匿名であることから信ぴょう性にかける部分もあるため実際にこの名称になるかは不明です。

参考:iPhone ManiaFRONT PAGE TECH
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください