側面の電源ボタンに指紋認証を搭載した「iPhone SE 2 Plus」が2021年前半にも発表か

iPhoneX TouchID

MacRumorsによりますと、Ming-Chi Kuo氏からの情報としてAppleが2021年前半に側面の電源ボタンにTouch IDを搭載したiPhoneを発売する予定だと伝えています。

Sponsored Links

iPhone SE 2 Plusに相当する機種か

同メディアが伝えている同モデルに関する情報をまとめたのがこちらです。

  • 液晶ディスプレイを搭載した低価格モデル
  • Face IDはないが、iPhone X以降のようなベゼルレスデザインで小さなノッチ(画面上の出っ張り)あり
  • 指紋認証は側面の電源ボタンに搭載するため新たなデザインに
  • 同氏は先月この「iPhone SE 2 Plus」とされる製品は5.5〜6.1インチのディスプレイを搭載し、iPhone 8 Plus〜iPhone 11の間のサイズに収まると述べた

この情報が正しければ2021年のiPhoneは指紋認証を搭載しながらホームボタンをなくしたベゼルレスデザインのモデルが登場することになります。

顔認証の代わりに指紋認証を電源ボタンに搭載することで、画面上に顔認証のためのスペース(いわゆるノッチ)を小さくすることが可能で、iPhone X以降ずっと存在してきたノッチの省スペース化が期待できます。

Appleは2021年以降前半と後半の2回に分けて新型iPhoneを発売するスケジュールとなると言われていますが、今回のモデルはその前半にあたるものでしょう。

2020年iPhoneは全て有機EL、5G対応で6.1インチが2つの4モデル展開?2021年以降は年2回新型iPhone発表か
米CNBCはJPMorganのアナリストSamik Chatterjee氏から得た情報として2020年iPhoneなどの今後のiPhon...

おそらくは前半はiPhone SEのような低価格モデルを発売し、後半はiPhone Xシリーズのような高価格モデルを発売するスケジュールになるものと思われます。

後半に発売される高価格帯モデルも電源ボタンに指紋認証を搭載するようになるかは不明ですが、顔認証だとマスクをしていると認識できない問題もあるため同モデルでも指紋認証も同時に搭載して欲しいところです。

参考:MacRumors

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください