iPhone 8のアップデート版はFace ID搭載で5.4インチに?大きさはiPhone 7サイズか

iPhone9 Concept−1

Macお宝鑑定団によりますと、CES2020に出展していた複数のAppleサプライヤーからの話としてiPhone 8のアップデート版としてTouch IDモデルとは別にFace ID搭載モデルが開発中であると伝えています。

Sponsored Links

大きさはiPhone 7並、A13チップ搭載

同メディアが伝えているこのモデルに関する情報をまとめたのがこちら

  • iPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップ搭載
  • Face ID搭載
  • 筐体サイズはiPhone 7に戻る
  • レシーバー部分のサイズがiPhone 11とXSの中間サイズに
  • 背面カメラはiPhone 8よりわずかに大きい
  • LEDフラッシュはiPhone 7サイズ
  • 縦ベゼルが縮小した5.4インチディスプレイ

なお、昨年のCES 2019で同メディアが得たiPod Touch 7thが開発中という情報は正しく、2019年5月に実際に発売された実績があり、今回の情報もそれなりに信ぴょう性はあるものと思われます。

同メディアではこのモデルはA13チップ採用のiPhone 8のアップデート版とだけ述べられており、噂のiPhone 9なのか、iPhone 12のことを言っているのかは述べられていませんが、5.4インチという情報が正しければiPhone 12に相当するものと思われます。

iPhone 12は計4モデル以上?Proモデルはより薄いオンセル有機EL搭載か
韓国メディアETNewsは来年発売される見込みの「iPhone 12(仮)」に関する新たな情報を公開しています。

おそらくはiPhone SE 2とも言われるiPhone 9は噂どおり4.7インチディスプレイにTouch ID搭載で3月発売、次期モデルであるiPhone 12は9月発売するものと推測されますが、今回のモデルが果たしてどちらのタイミングで発売されるのかは微妙なところです。

同メディアがこのモデルをiPhone 8のアップデート版と述べている点は気になりますが、過去の情報通りであればiPhone 12のラインナップに含まれるものと思われますので、9月ごろの発売となるのではと個人的に推測してます。

ちなみにですが、このモデルはiPhone 8ではなく、わざわざ「iPhone 7」のサイズに戻ると述べられていることから、iPhone 8よりほんのわずかに(0.1〜0.2mmほど)小さいサイズに収まるものと思われます。

参考:Macお宝鑑定団

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください