iPhone 12は計4モデル以上?Proモデルはより薄いオンセル有機EL搭載か

iPhoneXS Paku

韓国メディアETNewsは来年発売される見込みの「iPhone 12(仮)」に関する新たな情報を公開しています。

Sponsored Links

合計4モデル以上に?

同メディアが伝えている情報をまとめたのがこちら

  • 画面サイズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3つ
  • 従来の4Gモデルとは別に5G対応モデルも用意されるため合計4モデル以上になる可能性がある
  • 5.4インチと6.7インチはSamsungの「Y-OCTA」と呼ばれる有機ELとタッチパネルを一体化し、薄型かつ低コスト化したオンセルタッチ方式の有機EL採用
  • 6.1インチモデルには通常のフィルムタッチ方式の有機ELディスプレイ採用、SamsungとLGが供給予定

今回の情報では以前から言われていたようにiPhone 12(仮)の画面サイズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチになるようです。

この中でもProモデルは5.4インチ、6.7インチになる見込みでこちらにはオンセルタッチ方式の有機EL搭載と通常モデルとはディスプレイも差別化されるようです。

驚きなのが画面サイズの違いとは別に4G/5Gの違いでさらに別モデルが用意される可能性があるとのことで、これが本当なら少なくとも4つは用意されることになるということです。

この理由として考えられるのは5G対応は非常にコストが高く、ただでさえ高い現行モデルの値段からさらに跳ね上がることが予想される上に、5G自体世界的にまだまだ普及していない段階なので、買ったとしても5Gが利用できる人が限られるということがあります。

そのために5Gとは別に従来の4Gモデルを用意することで手のつけやすい価格帯に収めつつ、5Gモデルを用意することで一部のお金持ちやガジェット好きな人たちのニーズにも応える、ということが考えられます。

しかし、これ以上ラインナップを増やすことはシンプルさを追求するAppleらしからぬものとなるため、実際には従来と同じ3モデル展開で、ストレージ容量の違いのようにオプション的な感じで同じモデルの中で5Gを追加したりしなかったりを自由に選択できる方式になるのではと個人的には思いますね。

いずれにせよ2020年iPhoneは機能面など大きく変化することは間違いなさそうです。

これは期待です。

2020年5.4インチiPhoneの本体サイズ(仮)を現行モデルと比較してみた
2020年に発売されるiPhoneは6.7/6.1/5.4インチとなり現行の6.5/6.1/5.8インチより大型化、小型化されたライ...

参考:ETNews

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください