iPhone SEとiPhone 11 Proのデザインを比較したら衝撃を受けた話

iPhone 11 SE hikaku-1

先日Apple丸の内にてiPhone 11 Proの実機を見てきたのですが、せっかくなので手持ちのiPhone SEと大きさやデザインなど比較してきました。

今回はその詳細について語っていこうと思います。

Sponsored Links

デザイン比較

iPhone 11 SE hikaku-1

まずは正面のデザインから。

左がiPhone SE(クリアケース付き)、右がiPhone 11 Proです。

見ての通り画面サイズがまるで違います。それもそのはずでiPhone SEは4インチ、iPhone 11 Proは5.8インチと大きな差があります。

こうして比較してみますと、「iPhone SE画面小さっ!」と思いますが、SEは普段使う分にはそこまで不自由してないです。ゲームや動画視聴など大画面の方が良さそうなものはだいたいiPadで見ますので。

iPhone 11 SE hikaku-2

個人的に衝撃だった背面デザインの比較です。

左がiPhone SE(クリアケース付き)、右がiPhone 11 Pro、色はどちらともシルバーです。

比較してみますと、iPhone 11 Proのデザインの洗練され具合がヤバいです。

店頭での比較だったので、SEはクリアケースを着けたままの比較となっていますが、それを差し引いてもiPhone 11 Proのデザインの方が圧倒的にシンプル。もはや別物です。

背面のiPhoneロゴや認証マークなどがなくなり、シンプルにAppleのロゴだけとなったiPhone 11 ProのデザインはiPhone SEのデザインとは一線を画している感じです。SEの方は良くも悪くもスマホ感がありますが、11 Proの方は「一枚板」のようでスマホ感をほとんど感じさせません。

発表時に話題となったタピオカカメラと揶揄されたカメラ周りも想像以上に背面デザインと一体化しています。実物を見ると意外と悪くなく、思っていたより案外控えめなデザインのようにも思えます。

タピオカカメラは実物見ると全然ダサくない?iPhone 11シリーズ(無印/Pro/Max)外観レビュー
iPhone 11シリーズの背面カメラはタピオカカメラと揶揄され、発表直後の評判は割と散々でした。 ところが、先日iPhone...

iPhone 11 Proは想像以上にデザインが洗練されていた

今回iPhone SEとデザイン比較をしてみた結果、iPhone 11 Proは想像以上にデザインが洗練されていたことを痛感しました。

ここ最近のiPhoneは大幅なデザイン変更などはほとんどなく、少しずつ改良されていくパターンが続いており、世間では「変化がほとんどない」「全然進化していない」などと言われたりしていますが、これはあくまで1、2年前の機種と比較しての話だからではないかと思います。

確かにここ最近の機種と比べてみますと変化は少ないかもしれませんが、iPhone SE(2016年3月発売)のように旧機種と比べるといかにデザインが洗練されてきているかがはっきりわかります。

変化が少ないということはそれくらい完成されているということでもありますが、それでもよりデザインを洗練させていくAppleは素直にすごいと思いますね。

あとはカメラ周りをもっとシンプルにして、SEのように片手操作しやすい画面サイズにしてくれれば個人的には最高なんですけどね笑

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください