2018年iPhoneはノッチが縮小し、TrueDepthカメラもわずかに進化?

iPhone 2018 Concept-1

MacRumorsによりますと、複数アナリストからの報告として今年後半に発売される見込みの次期iPhoneはわずかに進化したTrueDepthカメラを搭載し、ノッチがより縮小したモデルになると予測されていることが判明しました。

Sponsored Links

ノッチは今年のモデルから縮小か?

報告によりますと、この第2世代TrueDepthカメラはわずかにセンサーが進化し、サイズも小さくなるとのことで、今年発売見込みの5.8/6.1/6.5インチiPhone全モデルに搭載される見込みの模様。

また、2019年モデルは背面にもTrueDepthカメラが搭載されるとも予想されています。

その他、同報告では次期iPad ProのFace ID対応についても述べられているようです。

過去の情報では、ノッチ縮小は2019年モデルまで行われず、2018年モデルは現行モデルとほぼ変わらない見た目になると言われていましたが、今回の情報では今年のモデルからノッチが縮小されるようです。

2019年iPhoneは画面内蔵の指紋認証搭載でノッチがさらに縮小か
Atherton ResearchのアナリストJean Baptiste氏によりますと、モバイル業界に精通した人物からの話として20...

期待の情報ではありますが、今回の情報の信ぴょう性は不明ですし、過去には2019年モデルまでTrueDepthカメラに改善は見込まれないという情報があっただけにあくまで噂として捉えておいた方が良いかもしれません。

2018年iPhoneの詳細情報判明!︎5.8/6.5インチは4GBメモリ、最大25%増加のバッテリー搭載か
MacRumorsによれば、KGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏が新たな2018年iPhoneの詳細情報について述べている...

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください