2018年iPhoneの詳細情報判明!︎5.8/6.5インチは4GBメモリ、最大25%増加のバッテリー搭載か

iPhone 2018 Concept-1

MacRumorsによれば、KGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏が新たな2018年iPhoneの詳細情報について述べていることが判明しました。

Sponsored Links

5.8/6.5インチは4GBメモリに大容量バッテリー搭載か

同氏が伝えている主な情報が以下の通りです。

  • 6.1インチiPhoneのディスプレイはジャパンディスプレイが70%供給し、4面全て0.5mmベゼルのフルアクティブ液晶を搭載
  • 6.1インチiPhoneはFace ID搭載、アルミ筐体、3Dタッチなし、シングルカメラ、3GBメモリ、iPhone Xより8.5%大きい2850〜2950mAhの1セルバッテリー搭載で価格は700〜800ドルの廉価版になる
  • 5.8インチの第2世代iPhone X、6.5インチのiPhone X Plusは4GBメモリを搭載し、5.8インチモデルは1セル型L字バッテリー採用で最大10%のバッテリー容量増加、6.5インチモデルはiPhone Xより最大25%も増加した3300〜3400mAhのバッテリーを搭載する
  • 2018年のiPhone X、iPhone X Plusは大幅なアップグレードは行われず、2019年までTrueDepthカメラの改善も期待されない
  • 6.1インチ液晶搭載の低価格なiPhoneはこのモデルの中でも特に売れるのではと予想

今回の情報によれば5.8/6.5インチモデルはメモリやバッテリー容量が増加し、確実にスペックアップが図られるようですが、大幅なアップグレードは行われない見込みのようです。

同氏はむしろ低価格な6.1インチ液晶のiPhoneが売れるものと予想していますが、確かにアルミ筐体で背面が割れないということや低価格ながらも顔認証が使えてベゼルレスディスプレイであることを考えますと、こっちの方がいいかもと思える人も多そうな気はしますね。

参考:MacRumors
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください