2019年iPhoneは画面内蔵の指紋認証搭載でノッチがさらに縮小か

iPhone 2018 Concept-1

Atherton ResearchのアナリストJean Baptiste氏によりますと、モバイル業界に精通した人物からの話として2019年iPhoneは画面上部のノッチが縮小し、画面内蔵の指紋認証を搭載すると予測されていることが判明しました。

Sponsored Links

2019年iPhoneは大幅アップデートか

このような予測が行われている理由としてFace IDは帽子やメガネ着用時や暗闇の中でも認証可能な高度な顔認証ですが、何ヶ月も行われたテストの中でTouch IDほどの汎用性、信頼性が高くないとの結論に至ったとのこと。

すでに画面内蔵指紋認証は中国Vivoが製品への搭載を発表しており、画面内蔵の指紋認証も技術的には可能であります。

上記画像はこの予測の元Atherton Researchによって作成されたコンセプトデザインです。

この情報が本当なら2019年iPhoneは大幅なアップデートが期待できそうですね。

以前に2019年iPhoneにて赤外線カメラと通常のフロントカメラが統合されるという噂があり、今回のノッチ縮小の噂と一致するところもあります。

2019年にiPhone Xのノッチ縮小の噂
9to5Macによれば、ETNewsの情報より2019年モデルではiPhone Xの画面上のノッチが縮小するのではないかと予想してい...

画面内蔵の指紋認証が搭載されれば、Face IDとTouch IDで状況に応じて使い分けができ、より汎用性、信頼性が高まるものと思われますね。

参考:Forbes
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。