iPhone X、本体がかなり熱くなるという報告相次ぐ

iPhone X-10

11月3日に発売されたばかりのiPhone Xですが、本体がかなり熱くなるという報告が相次いでいることが判明しました。

Sponsored Links

持てないくらいに熱い?

TwitterではiPhone Xがかなり熱くなるという報告が相次いでいます。

Twitterの報告を見る限り多くのユーザーがiPhone Xが熱いということを体感している模様。

PhileWebではiPhone Xの動作時の表面温度を実際に測定しており、最も熱くなる場合で40度を超えるなど異常な熱さとなることが判明しています。

つい先ほどiPhone Xがフリーズがする不具合が多く報告されていることが判明しましたが、今回の熱問題と何らかの関係がありそうな気がします。

iPhone Xは2枚重ねのロジックボード構造となっており、部品の密度が高まっていることや本体背面がアルミ製ではなく、ガラス製となったため熱が逃げにくくなってしまったことなどが今回の問題を発生させることになった原因なのかもしれません。

相次ぐiPhone Xの不具合の報告ですが、今後のアップデートで改善されることに期待するしかなさそうです。

※2018/7/5追記

熱を効率良く分散する背面保護シートなるものがあるようです。熱問題に悩む人は参考にどうぞ。

iPhone X熱い問題を軽減?グラフェンシートで放熱する背面フィルム「Nano Sticker(ナノスティッカー)」
iPhone Xで地味に問題となっているのが、本体の熱問題。 PhileWebによればiPhone Xは高負荷時には40度を超...

参考:ゴゴ通信PhileWeb
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください