iPad Pro 10.5ユーザーが新型iPad Pro11インチに触れて思ったこと

iPad Pro 2018 review-1

新たに発売された新型iPad Pro 2018 11インチモデルに触れてきましたので、iPad Pro 10.5インチユーザーでApple Pencilユーザーでもある自分が実機に触れてみて思ったこと、その違いなどについてまとめてみました。

Sponsored Links

実機レビュー

iPad Pro 2018 review-1

まずはディスプレイ。

実際に見て思ったのが、公式ページで見るよりもコンパクト感があるなということ。

サイズはiPad Pro 10.5インチとほとんど変わらないはずですが、ベゼルが細くなって画面が大きくなったからか本体がコンパクトに見えます。

なんかもうこの時点で欲しいです笑

iPad Pro 2018 review-3

横から見たところです。

新しいSmart Keyboard Folioは従来のSmart Keyboardとは異なり、背面のカバー部分折りたたむ構造ではなくなりました。

この変更により、従来では変更できなかった画面の角度を2段階に変更できるようになっています。

iPad Pro 2018 review-4

角度を変えるとこのようになります。

垂直に近いかたちになるので、デスクの上で作業する際に見やすく、天井のライトの反射の影響を受けにくくなっています。

この構造の利点は他にもあり、従来では一度カバーを折り畳んでからキーボードを設置する必要があったのに対し、こちらはそのような手間なく、サッとキーボードを取り出しやすくなりました。膝の上などで使用する際も底面がフラットな形状になっているので使用しやすくなったという特徴もあります。

ただ、そのかわりスタンドだけを使う際にもキーボードをしまえなくなってしまったという欠点があります。このあたりは構造上どうしてもそうなってしまうので仕方がないところではあります。

iPad Pro 2018 review-9

キーボードを背面にまわすことはできるので、タブレットスタイルで使いたいときはこのように使うこともできます。

iPad Pro 2018 review-5

閉じるとこのようになります。

見ての通り本体はかなり薄いです。

カバーを閉じている状態でもApple Pencilを本体にくっつけることができるマグネットが外側に出るようになっているので便利です。

iPad Pro 2018 review-6

カバーを閉じたときの前面がこちら。

折り目すらない非常にシンプルなデザインです。

iPad Pro 2018 review-7

背面はこのような感じです。

カメラ用の穴とスタンドのための折り目があるだけでこちらも素晴らしくシンプルです。

iPad Pro 2018 review-10

カバーなしで本体だけ持ってみたところです。

すごく軽いです。手持ちのiPad Pro 10.5より軽いんじゃないかと思うくらいですが、重さ的には10.5インチが469gで11インチが468gと大差ないです。薄さも相まってそう感じるのですかね。

iPad Pro 2018 review-2

新しくなったApple Pencilで新型iPad Proに色々描いてみました。

すでに公開されている他のレビュー記事を見る限り、この第2世代Apple Pencilは従来より鉛筆に近い抵抗感のある書き心地になったとのことでしたが、自分が触れてみた限りでは手持ちの第1世代Apple PencilでiPad Pro 10.5に描く感覚とそこまで大差ないように感じました。

Apple Pencil本体は他でも言われているように軽く感じました。ただ、従来のApple Pencilでも重さに関しては特に不満はなかったので、この違いは自分にとってはそこまで大きなものではありませんでした。

今回は店頭で軽く触れただけなので、もっとじっくり触ればもっとなにか違いを感じるのかもしれません。

実機に触れて思ったこと

新型iPad Proは一言で言えば「欲しい」です笑

iPad Pro 10.5インチを使っていて特に大きな不満はないのですが、新型iPad Proはそれをさらに上回る快適さと合理性を兼ね備えたデバイスです。もうiPadの完成形なのではと思うような出来栄えです。

具体的には薄く軽くコンパクトになって画面が大きくなった本体、スタンドの角度を変えられ、背面カバーもできるようになったSmart Keyboard Folio、本体にくっつきそのまま充電できるようになった第2世代Apple Pencil、今回は試せませんでしたが、どんな向きでも使えるFace IDや万能なUSB-C搭載など多くの魅力が詰め込まれています。

気になったことを挙げるとすれば、本体背面にくっつくSmart Keyboard Folioが時々ズレることがあった点ですかね。上記画像は片手で新型iPad Proを持ちながらiPhoneで撮影していたのですが、その際にiPadの重みでカバーがずれてしまうことがありました。普段使っているときにあまりそのような持ち方をしないとは思いますが、けっこう簡単にズレたのでそこだけは気になりました。

ひとまず新型iPad Proは”買い”であることは間違いないでしょう。

他のレビュー記事でも言われているようにあらゆる点において完成されていて、iPad史上最高の製品に仕上がっていることは確実です。

問題は価格でしょう。一番安い11インチのiPad Pro 64GBですら税込みで96,984円で、そこにApple PencilやSmart Keyboard Folioをつけるとなると13万円を超えます。あとイヤホンジャックもついていないので、無線のAirPodsを買うとさらに18,144円(税込)、有線接続したいならUSB-C – 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ(税込1080円)を買う必要があります。

もう買い始めたら止まらないApple沼に陥ること必至です笑

自分もとても新型iPad Proが欲しくて仕方がないのですが、とりあえずiPad Pro 10.5インチがありますし、買い始めたらあれもこれも買ってしまいそうなので、しばらく様子を見ることにします(買わないとは言っていない)

以上、iPad Pro 10.5インチユーザーによるiPad Pro 11インチ実機レビューでした。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください