Apple Watch 6はバッテリー向上、血中酸素濃度・睡眠測定、7はミニLED、Touch ID、5G対応か

AppleWatch5

Apple Rumors氏などによりますと、Apple Watch Series 6及び7に関する情報を公開しています。

Sponsored Links

Apple Watch 6及び7に関する情報

情報をまとめたものがこちら

  • Apple Watch Series 6
    • 睡眠トラッキング
    • バッテリー駆動時間の向上
    • 血中酸素濃度測定機能
    • S6チップ搭載
    • メンタルヘルスの異常検知
  • Apple Watch Series 7
    • Touch ID搭載(デジタルクラウン内蔵の可能性)
    • 6と同レベルのバッテリー駆動時間
    • ミニLEDディスプレイ搭載
    • 5G対応
    • 2021年発売予定

情報によりますと、6のバッテリー駆動時間は最大20時間(現行モデルは18時間)になり、メンタルヘルスの異常検知機能などが搭載される模様。7はバッテリー消費の大きい5G対応となりながらも次世代ディスプレイの高効率なミニLEDディスプレイを搭載することで、6と同等のバッテリー駆動時間を実現するとのことです。

これらの情報が本当であれば、Apple Watchは健康デバイスとしてますます存在感を高めていくことになるでしょう。

個人的にはTouch ID搭載に期待で、これをうまく活用すればマスク装着時にiPhoneのFace IDが利用できないときなど、代わりにApple Watchでロック解除などできるようになるかもしれません。すでにMacのロック解除機能はありますが、パスコード入力のみなので、Touch IDになればロック解除は全てApple Watchでできるようになるかもしれません。

参考:Twitter 12
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください