Apple Watch Series 6は血中酸素濃度測定・心電図機能強化・睡眠トラッキング機能など追加か?

AppleWatch4

9to5Macが独自に入手したとするiOS 14内部のデータよりApple Watch Series 6やWatchOS 7の詳細が判明したことを伝えています。

Sponsored Links

Apple Watch 6は各種センサー強化か

同メディアが伝えているApple Watch Series 6、WatchOS 7などに関する主な情報をまとめたものがこちら

  • 血中酸素濃度の測定機能追加
  • ECG(心電図)機能の強化
  • 睡眠トラッキング機能追加
  • 一つのiPhoneで複数のApple Watchを設定・管理可能に(子供がいる家族向け機能)
  • 特定の時間にアプリを制限するスクールタイム機能
  • 文字盤にタキメーター(時速・平均速度などを測定するメーター)追加

後半の機能はWatchOS 7にアップデートすれば追加される機能だと思われますが、血中酸素濃度測定やECG機能強化は搭載されるセンサーに依存するものと思われるためApple Watch 6の新機能なのではと推測されます。

睡眠トラッキングはApple Watch 6独自の機能なのか、過去モデルでもアップデートすれば利用可能になるのかは不明です。

これらの機能はiOS 14内部より判明したものなので、存在するのはほぼ確定的と言えるでしょう。

Apple Watchは性能面より健康面での機能強化に力を入れているため、今回の機能追加も順当な進化と言えそうです。現行モデルでも心拍数や心電図検知、転倒検知などの機能は備わっていますが、新たに血中酸素濃度、心電図強化、睡眠トラッキングが追加されることでより健康的な問題を素早く検知できるようになるかもしれません。

また、日本ではSeries 4以降の心電図機能の使用許可は下りていませんが、今回の心電図機能の強化により使えるようになる可能性も考えれらます。

参考:9to5Mac
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください